女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2012年12月19日

ベトナム産のプリザーブドフラワーを、あなたに 「Dalat」

Pocket
LINEで送る

大阪歴史博物館
特別展「天下の城下町 大坂と江戸」

インストラクター・フラワーショップ向けの卸売りをメインに、飲食店のノベルティ、個人向けの商品も

 枚方市春日野にプリザーブドフラワーを中心に輸入雑貨などを扱うお店がオープンした。その名も「Dalat(ダラット)倉庫店」。
 店名の由来は、プリザーブドフラワーの生産地として名高いベトナムの都市・ダラット。店内には同店のオーナーであり、フラワーアレンジメントの講師でもある赤崎真理子さんが手がけたプリザーブドフラワーが並んでいる。
 店員の黒田恵里さんによれば「赤崎は日本で働くベトナム人に日本語講師をするなど、ベトナムと深い縁があります。また、フラワーアレンジメントのインストラクターでもありますので、ダラットで作られたプリザーブドフラワーを販売しようと考えました」。
 赤崎さんが日本語研修をしている企業も連携し、12月1日に開店。プリザーブドフラワー以外にもアロマキャンドルやグリーティングカードといった雑貨、お菓子やお茶の葉など、ベトナムを中心に海外の商品を扱うお店が誕生した。

 「メインはフラワーアレンジメントをされている方への資材販売です」。フラワーアレンジメントのインストラクターには個人で活動する人が多く、他に仕事をしながらインストラクターをしているケースも少なくない。しかし「資材は大ロットでの購入が一般的で、多くの在庫を抱えてしまうことになります。また、小売りのものは数が少ない分、単価が高くなります。私たちは、小ロットで安く、資材を提供したいと考えています」。
 その他、フラワーショップへの卸売りや、飲食店などのノベルティとしても販売を展開していく予定だ。「『お菓子とプリザーブドフラワー』といった使い方をして頂ければと考えています。プリザーブドフラワーは生花と違い水や土などが不要ですし、枯れることもありません。それでいて、感触は(生花のように)柔らかいままですから、ぜひご利用頂きたいですね」。

 個人向けの商品も販売しており、自分のお気に入りを探すのはもちろん、クリスマスや誕生日のプレゼントに使うもいいだろう。「ベトナム産のプリザーブドフラワーにはレア物が多く、他では手に入らない物もあります。プリザーブドフラワーは高級品といったイメージがあると思いますが、(資材の卸売りも個人向けも)お求めやすい価格で、いろんなアレンジを提供していきます。プリザーブドフラワーをもっと身近に感じて頂ければと思います」。

Pocket
LINEで送る