女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2012年12月20日

2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』 主人公・新島八重にちなんだまんじゅうが完成

Pocket
LINEで送る

姫路科学館

同志社女子大学学生のアイデアを京都の老舗和菓子店が商品化

 2013年のNHK大河ドラマは、同志社大学の創立者である新島襄の妻・八重が主人公です。同志社女子大学生活科学部食物栄養科学科は、八重が甘党の襄や自宅に集まった学生にお菓子を振る舞ったとのエピソードにちなみ、薯蕷(じょうよう)まんじゅうの製作を企画。同学科学生のアイデアを老舗和菓子店「鶴屋吉信」(京都市上京区)が忠実に再現しました。

 紅あんを包んだまんじゅうは、薄い緑とピンクの皮に描かれた八重桜の花びらがポイント。同志社大学広告研究会の学生が「やえごころ」と命名し、産学のコラボレーションが実現しました。
 1個380円。同志社エンタープライズが予約販売を受け付けています。
薯蕷まんじゅう/山の芋を用いた柔らかくふっくらとした生地で餡を包んだまんじゅう。


予約・問い合わせ/同志社エンタープライズ
電話/075-251-3290

Pocket
LINEで送る