女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年1月2日

デルフィンが大阪に帰ってきた!

Pocket
LINEで送る

セイコーホルディングス株式会社

住みやすいまち・和泉市をアピール! 市民の訴え「すぐ実行!」

 大阪プロレス・沖縄プロレス創始者であり、国内外のリングで活躍してきたスペル・デルフィンさんが、昨年9月から和泉市市議会議員として活動している。
「生まれも育ちも和泉市。もっと和泉市を良くして知名度を上げたいと考えたんです。自分が議員になることで全国的にも取り上げられましたし、子どもたちも政治や和泉市に興味を持ってくれます。和泉市のセールスマンになりたいんですよ」。だからこそ、議会でも覆面は取らず『スペル・デルフィン』として議員の職をこなしている。
 「和泉市は住みやすいまちで、人口も増えています。市域も広く、自然あり文化あり、いろんなものがあります。でも『これがあるから和泉市に来て下さい!』とPRできるものが少ない。そういったものを作っていきたいと考えています」。
 なかでも、スポーツ関連には力を入れている。「設備や環境を整備して、和泉市に行けば、住めば、スポーツをする環境が整っていると言われるようにしたいですね」。また、地場産業などとも連携を模索。「例えば、沖縄では『かりゆしウェア』というのがあって、正装でも着用します。(一方)和泉市には江戸時代から続く和泉木綿があります。そこで、和泉かりゆしウェアが作れないかと考えています」。

 アピールしたいのは和泉市についてだけではない。市議会議員の仕事そのものも自身のブログで発信している。「私自身、市議会議員がどういった仕事をしているか知りませんでした。市民の皆さんもご存じない方が多いと思うんです。議会以外で議員がどういった仕事をしているかなど、多くの方に知って頂ければと思っています」。
 市民の願いや思いも汲んでいきたい。ひとつひとつ、丁寧に。「先日も、自宅前の道が狭く、交通量もあるので道の両側に白線を引いてほしい、といった要望を頂いたんです。すぐに行政へ伝え、実行して頂きました。困ったことや要望があるけど誰に相談していいかわからない時は、市役所に来て頂いて議員や市の職員に相談してみて下さい。意外と解決できることは多いですよ」。それにしても、プロレスには復帰しないのだろうか。
 「辞めたつもりはありません。昨年、11月には宮城県の被災地でリングに上りましたし、今年の3月にも神戸の試合に出る予定です。沖縄プロレスも、休眠中にしているだけです」。
 主戦場を議会に移し、リングでも観客を沸かせる。スペル・デルフィンの戦いは、今年も目が離せない。

Pocket
LINEで送る