女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2012年12月29日

2013年の初詣にオススメ! 新春はパワースポットへ初参り!【京都・厄除け編】

Pocket
LINEで送る

日本マクドナルド株式会社
3名様に

 一年の無事と平安を祈って参る、初詣。もうどこへ行くか決まりましたか? いつも同じところという方、まだ決めていないという方、行こうか迷っているという方、「パワースポット」はいかがでしょう?
 2013年がもっともっと幸せで笑顔の多い一年になるように、癒しと不思議なパワーを求めて…。滋賀県・京都編・奈良編・大阪編・兵庫編・三重編を公開!
 地元で探すもよし、ちょっと足を伸ばすもよし、ぜひご参考になさってください。
2015年度版はこちら!

恋占いができる縁結び・初詣スポット2015【京都編】
2015年 注目の金運・初詣スポット<関西編>
2015年 運気上昇のパワースポット7選 <関西編>


【2013年の初詣にオススメ!パワースポット】
【兵庫・無病息災編】  【奈良・子宝健康編】  【奈良・祈願編】
【大阪・金運良縁編】  【滋賀・厄除け編】  【三重・縁結び編】
【京都・厄除け編】  【京都・縁結び編】

自分の厄を桃にうつす【晴明神社】

 晴明神社で祀られている安倍晴明公は天文暦学の道を深く極め、神道を思いのままに操る霊術を身につけられており、天文陰陽博士として活躍。天皇の側近としても仕え、唐へ渡って伯道仙人の神伝も受け継がれました。帰国後、これを元に日本独特の陰陽道を確立。天体を移り行く星や雲の動きを観察して、宮殿での異変の予知、遠方での吉凶を言い当て、朝廷を始め多くの人々から信望を寄せられたとされています。また、朝廷の政治、日本人のさまざまな生活の規範も決められ、今日の私達の日常生活の基準となる年中行事や暦術、占法は皆この時に創られたのです。
 晴明御霊神として祀られた後も我が国の陰陽道の祖として敬われ、「晴明公にお祈りすれば、不思議な霊の利益を受ける事ができ、様々な災いから身を守り、病気や怪我が治る…」と語り継がれています(晴明神社HPより)。
 1月1日の午前8時、一年で一番最初の神事、歳旦祭が行われます。早朝6時に境内にある晴明井より汲み上げた若水を神前にお供えし、四方を拝して、その年の国家の安泰を祈願致します。
 そんな清明神社で訪れたいパワースポットは、境内にある「厄除桃」。陰陽道で桃は魔除け、厄除けの果物とされ、この「厄除桃」を撫でることで自分の厄を桃にうつすことができ、厄除けになるといわれています。桃の実をあしらった厄除けのお守りもあります。
 また安倍晴明の念力によって湧き出たといわれる五芒星が刻まれた「晴明井」もぜひ訪れたいもの。この井戸の水は悪病難病が治るとして人気があり、立春になると神職が井戸の上部を回転させて取水口がその年の恵方を向くようにされ、吉祥水が得られます。  
 さらに、清浄華院所蔵の「泣不動縁起絵巻 織りつづれ絵馬」も有名。「泣不動縁起絵巻」の中の晴明公が登場する一場面を西陣の技術で織り込んだ大きな絵馬で、邪鬼を祓う晴明様が描かれているので、ぜひチェックしてください。
 晴明神社(せいめいじんじゃ)
(住所)京都市上京区堀川通一条上ル
(電話)075-441-6460
(アクセス)市バス 「一条戻り橋」下車すぐ
(参拝時間)12/31(月)は18:00に一旦閉門してから、1/1(火)0:00に改めて開門されます/通常9:00~18:00

岩戸をくぐって開運祈願【日向大神宮】

 京都最古の宮で、内宮、外宮が奉斉され「京の伊勢」として名高く、昔は東海道を往来する旅人たちの道中の安全祈願、伊勢神宮への代参として多数参拝がありました。また、神社入口の一の鳥居のところが粟田口(京の七口の一つ)に当たり、かつては弓屋、井筒屋、藤屋といった京で有名な茶屋があり、旅人たちの送り迎えが行われ大変賑わった地でもありました。
 1月1日は早朝3時から「若水祭」が行われます。清和天皇の貞観年間に疫病が流行した際、「この宮地に湧きいづる清水の水を汲んで万民に与えよ」との神のお告げがあり、その通りにしたところ、たちまち疫病が治まりまったそうです。この泉は朝日泉と名づけられ、古儀にならい毎年元日の早朝に世界平和、国家安泰、家運繁栄、無病息災を願って若水を汲む神事です。この霊泉は京の名泉の一つとしても知られ、正月三が日は参拝客にも授与されています。
 そんな日向大神宮で訪れたいパワースポットは、裏山にある戸隠神社を祀る「天岩戸」。この岩戸をくぐり抜ければ開運・厄除けのご利益が授かるといわれており、2月3日の「節分祭」には、岩戸をくぐる「ぬけ参り」が行われます。立春を一年の始めとして、前日の節分の日にそれまでの厄を祓い落とすというものです。

日向大神宮(ひゅうがだいじんぐう)
(住所)京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
(電話)075-761-6639
(アクセス)京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」から(1番出口)徒歩約15分


【2013年の初詣にオススメ!パワースポット】
【奈良・子宝健康編】  【大阪・金運良縁編】  【三重・縁結び編】
【京都・縁結び編】

Pocket
LINEで送る