女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

特集「われらのダイナソー」

2013年1月17日

特集 「われらのダイナソー」 恐竜グワンジ (1969年 ファンタジー映画)

Pocket
LINEで送る

 この映画はキライだ

 化石に残ったDNAから6500万年前の恐竜を復元するという「ジュラシック・パーク」や、水爆実験の突然変異で怪獣として出現した「ゴジラ」は今から思えばよくできた映画だった。恐竜映画というのは特撮の技術だけがほめられる荒唐無稽な映画が多かった。見るほうも半分マンガだと思ってみていたので、わけがわからないストーリーの展開でも「まあいいか」と容認していた。「恐竜グワンジ」はその典型だろう▼1900年ごろのメキシコに禁断の谷という秘境があり、地元のジプシーは絶対に立ち入ってはならないとしていた。そこへ赤字続きでどうしても人気出し物のほしいサーカス団がやってくる。女座長のテレサ(ギラ・ゴラン)は、自ら馬に乗って、高いやぐらから水槽に飛び込む花形スターだ。そこへわかれた恋人タック(ジェームズ・フランシスカス)がやってくる。彼はテレサの白馬がほしい。女ともヨリを戻したい。下心でコテコテに固まった男が来るなり女を口説くが、棄てられた女の恨みは深い。テントのなかでああでもない、こうでもないとどうでもいいセリフが続き、女がしまいに「うっふん」…いいから恐竜はどうなっているのだ。始まって半分くらいまで恐竜がでてこない、これは不思議な恐竜映画なのだ▼確かに5000万年前に絶滅したエオピプスという古代馬は出てきますよ。背丈が30センチくらいの玩具みたいな馬が、小さい箱のなかからヨチヨチでてきてそのへんを歩く。レイの特撮はこういう箇所で小出しになっていますが、それにしても主役の登場が遅い。サーカス団の代表数人が、前代未聞の呼び物をつくろうとジプシーの忠告も無視して禁断の森にエオピプスを探しにいく。そこでやっと翼竜が現れる。道案内の子供をさらい、大空をぐるぐる廻るがあえなくサーカス団に撃ち落され、頑丈な武器である大きなくちばしは縄でぐるぐるしばられた挙句、ゴキンと首の骨を折られる。こんな弱い翼竜がいるのか▼小型の草食恐竜が現れたところで、そいつを狙った大型肉食恐竜グワンジ(モデルはティラノサウルスだろう)がやっと姿を現す。ぎょっとしますよ。グワンジが海の色のような、青い皮膚をしているのだ。恐竜の色は何色と決まってはいないけど、パリコレみたいな恐竜だな。グワンジは短い前脚で鼻の横をこする可愛らしい仕草をする。サーカス団の男たちとタックは投げ縄というクラシックな方法でグワンジを捕らえようとする、どだいこのあたりがおかしい。ふーん。グワンジは縄を食いちぎったりひきちぎったり、怪力を発揮するところへ首にフリルのついた恐竜が現れ決闘となる。地鳴りのする争いで落石が起こり、フリルは下敷き、グワンジは岩に当たって気絶するのだ。くちばしをしばられたり、投げ縄で御用になったり岩の一つや二つで気絶する恐竜ばっかりでてくるのだ▼だんだん腹がたってくるがもう少し我慢しよう。頭も首もしばりあげられたグワンジは大きな荷車に乗せられ禁断の谷から出る。めざすは人間のサーカス会場だ。木組みの柵のなかでグワンジは咆哮するが、柵はびくともしない(たかが木の柵よ。おかしいと思わない?)。遠景を映したグワンジは実物大のハリボテだ。遠くからみるとゴジラみたいに見えた。グワンジはサーカスの見世物になるのだ▼ジプシーの老婆と小男がグワンジを解放して禁断の谷にもどそうとサーカス団のテントに忍び込む。野球場みたいに広いグラウンドは前代未聞の怪獣をみようと見物人で超満員。テントで覆われた鉄の柵の中では興奮したグワンジが地響きをたてて足を踏み鳴らす。小男は柵の蝶番をはずしもう少しで鉄格子はばらばらになるはずだったが、グワンジは小男を食べてしまう。彼が自分を逃したがっていることをグワンジは恐竜だからわからないのだよ。グワンジは人間を銜えたままテントを倒し、鉄格子をヒン曲げ全身を露出する。にげまどう入場者は町へ走り出し、それを追ってグワンジも町へ。教会の大聖堂に逃げ込んだ人間を追いかけたグワンジが、中に入ったところでタックは扉を締め、火を放ち、大聖堂はグワンジを閉じ込めたまま炎上する▼大好きな恐竜が死んでしまうからこの映画はきらいだ。絶滅した野生動物を見世物にするという発想もきらいだ。人類が地球ではもう生きられなくなったとしよう。火星か金星か、他の星に移住しなければならない。地球で絶滅に瀕した人類を他の星からきたエイリアンがつかまえたとする。「これは地球でもうみられなくなった人類です」とエイリアンの解説者が言う「この星の地上に生存する最後の一組で、単純な方法で繁殖します。ちょっとした刺激で反応しますから、よくみてください。ほらチョッ、チョッ」ふとそんな光景が浮かんだ。動物を見世物にする神経って、どこか人間を見世物にする神経に結びついていないか。

Pocket
LINEで送る