女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年1月12日

メリハリがあって楽しい成人式に 奈良市成人式 新成人代表 吉岡拓馬さん

Pocket
LINEで送る

新成人による企画も開催。ご当地アイドルらも登場し式典に華

 今年も成人式の季節。奈良市でも1月14日に奈良市中央体育館(奈良市法蓮佐保山)で開催される。
式典には4人の新成人代表が企画・運営などに携わっている。そのひとり、同志社大学生命医科学部2回生の吉岡拓馬さんは「新しいこと、やったことのないことに挑戦しようと思っていました」。奈良市の広報紙を読んで応募。ほかの新成人とともに式典の司会などを務める。
 「小学4年生から中学2年生まで、父の仕事の都合で海外にいました。前日に同窓会があるので級友たちとは再会しますが(同級生たちに)『小学校を途中で抜けた吉岡が司会をしてるぞ』と楽しんでもらえたら嬉しいです」。新成人たちで考えた企画も行われる。
 「市の職員の方と打ち合わせした際、『式典会場の中に入らず、外にいる人が少なくない』と伺い、ビックリしましたし、なんとか中に入って欲しいと思いました」。そこで、会場内にいる新成人が参加できる企画を立案。「同世代の人たちが考えていることを聞けたら刺激になると思い、(司会の)僕たちが(壇上から)会場に降りて、皆さんに夢を語って頂くコーナーを行います」。
 その他にも、奈良のご当地アイドルグループや吹奏楽部が登場するイベントも行われ、式典に華を添える。時間は11時から11時50分。開場は10時30分で、10時40分から20分間はウエルカムコンサートが開かれる。
 「一生に一度のイベントですし、みんなで集まることもあまりないですから、良い思い出になります。自分たちのための成人式なので(祝辞など)話はちゃんと聞いて、イベントでは楽しんで、メリハリがあって楽しい、大人への一歩を踏み出せる式典にしたいです」。

Pocket
LINEで送る