女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年1月14日

人気のマスコット「はにたん」 キャラクターグッズ、好評です

Pocket
LINEで送る

高槻市 政策財政部

高槻市のPR係長として奮闘中! ブログやフェイスブックで情報発信も

 昨年のゆるキャラグランプリで、大阪府下のキャラクターとしては4番手につけた高槻市のマスコットキャラクター・はにたん。同市政策財政部営業課長・平田太さんによれば「元々は市の消防本部のキャラクターだったんです」。
 消防士が防火服を着用した姿と今城塚古墳から出土した武人埴輪の姿が似ていたことから、埴輪をモチーフにしたはにたんが誕生。昨年、市の各部署で活動していた約30体のキャラクターから市全体のキャラクターを決定することになり、はにたんが選ばれた。
 「現在、はにたんは市のPR係長として活動しています。今年度から着ぐるみも2体増やし、貸し出しを始めました」。市の催し物や民間、自治会などのイベントに多数参加。毎週のように高槻市内に登場している人気ぶりで、それらの活動は市のホームページやブログ、フェイスブックでも発信している。

 好評なのははにたん本人だけではない。グッズの売れ行きも好調だ。「(昨年の)10月からグッズ販売を始めました。市で制作し、民間施設などで販売して頂いています」。購入できる場所は市役所地下の売店、高槻現代劇場、松坂屋高槻店、西武高槻店の4か所。商品はクリアファイル(150円)、ピンバッジ(300円)、携帯ストラップ(400円)、小型のぬいぐるみ(500円)の4種類
「売れ行きが予想を超えていまして、既に品薄になってきているものもあります。来年度以降は商品を増やし、販売して頂ける場所も開拓していきます」。販路拡大などの環境整備やクオリティの高い商品開発を行い、将来的には行政から民間に卸している今のやり方を「民間から民間」にシフトしていきたい考えだ。
 また、現状でも民間事業者や団体が作るグッズもある。「例えば、コーヒーシロップ。シロップと牛乳の割合を8対2にするとおいしいミルクコーヒーが作れます。また、ハニーコーヒーとタンザニア産のコーヒー豆をブレンドしたドリップコーヒーもあります」。いずれも、語呂合わせ(8対2、ハニーとタンザニア)がポイント。こうした遊び心溢れるものから、高槻市産の葦を使った絵葉書や一筆箋、はにたんの焼き印を押したどら焼き、はにたんをかたどったクッキーなどもある。

 「はにたんは高槻をPRするために活動しています。はにたんを通じて、高槻を知って頂ければと思います」。

商品、販売場所はいずれも2012年12月現在

Pocket
LINEで送る