女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年1月18日

市民とNPOの橋渡しに(2)  ―ひらかたNPOセンター―

Pocket
LINEで送る

枚方市新町2-1-5
特定非営利活動法人 ひらかた市民活動支援センター

 …前へ また、市民との交流の場として「毎年『ひらかたNPOフェスタ』を開催しており、登録団体のうち40~50団体が参加しています」。多くの市民も来場するイベントを行うことで、参加団体が活動内容を発信できるようにしている。「市民の方や行政から『こういった活動をしている団体はありませんか』といった(個別の)問い合わせも受け付けており、該当するNPOをご紹介しています」。その数は、毎年30~40件前後にも上る。
 一方で、NPOを設立・運営するにあたって直面する問題や事務的な内容などを取り扱った講座・講演会を実施、相談受付やコンサルタントなども行っている。「法人設立相談は毎年10件程度、お受けしています」。NPOがイベントを開催する際の場所や備品の貸し出しもしており、登録団体やNPOを立ち上げたい個人・団体にとって心強い限りだろう。
 「昨年、センターを立ち上げて10年を迎えました。今まではNPOの活動を盛り立てていくことに重点を置いてきましたが、(新しい年になり)これからの10年は行政・学校・企業などと連携し活動していければと考えています。私たちが(行政・学校・企業などと)連携していくことで、登録しているNPOも(行政・学校・企業などと)連携していけますから」。今までも、そしてこれからも。新たな挑戦をしながら、市民とNPOの橋渡しをしていければと、松元さんは考えている。

法人立ち上げ件数ではなく相談を受けたのべ回数
前の記事 ひらかたNPOセンター

Pocket
LINEで送る