女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年1月24日

世界でひとつの「まくら」を通じて幸せのお手伝い

Pocket
LINEで送る

眠り屋 よねはら 
屋主 米原信夫さん

寝具店ではなく「眠り屋」! 良質の睡眠で日本を元気に・健康にしたい!

 不眠や睡眠時間、浅さ・深さなど、現代人の多くが眠りについて何らかの悩みを抱いているといわれています。「眠り屋 よねはら」(大阪府交野市)は、世界にたった一つのオーダーメイド枕と敷ふとんを通じて、本当に豊かなQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を提案しているお店。「うちは『眠り屋』。寝具屋ではありません」と力強く断言する屋主・米原信夫さんは、30年以上にわたり独学で良質な眠りを追求し続けてきた“眠りのスペシャリスト”です。
 運動・食事に並ぶ健康の三大要素の一つである睡眠について学ぶうち、眠りが心身の安定を左右する自律神経に作用し、東洋医学に深く関わっていることに思い至った米原さん。そこで中医学や手技療法士の資格を取得し、「快眠プロデューサー」として一人ひとりに本当に合った枕や敷ふとんを提供することで多くの方たちの悩みや不満を解消してきました。

 「眠り屋」として事業を発展させる一方、米原さんが意欲的に取り組んできたのが、快適な眠りを通じて日本人に元気を、健康を取り戻そうという「日本快眠計画」です。疲れを癒し、明日への活力源となる睡眠には、リラックスした姿勢で真っ直ぐに立つ「自然な正常立位姿勢」を90度仰向けに寝かせた姿勢で眠ることが大切だといわれています。
 そこで西川リビング株式会社が開発した「正常立位姿勢測定器」を11年前に取り入れ、「オーダーまくら」や「オーダーマットレス」を作り続け、計画では西川リビング株式会社との共同プロジェクトとして、全国の寝具店をネットワークで結び、「日本快眠計画」を旗印にした「快眠ひろばの会」を立ち上げ、同会の会長を務める傍ら、情報の共有化と人材の育成に力を注いでいます。

 人生の三分の一を占めるといわれる、眠り。「その三分の一を健康に、幸せに過ごせれば、残りの三分の二も幸せになれるのは当たり前でしょう」。快活に話す米原さんの笑顔を見ているだけで、今夜は素敵な夢が見られるような気がします。

Pocket
LINEで送る