女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年1月24日

戦場カメラマン 渡部陽一さんも選考 「枚方市平和の日フォトコンテスト」締切迫る

Pocket
LINEで送る

枚方市大垣内町2-1-20
枚方市 政策企画部 人権政策室

戦争遺産やモニュメント、あなたが考える「平和な日常」など作品募集中

 戦前・戦中と軍需の町だった枚方市。禁野火薬庫・枚方製作所・香里製造所と3つの軍事工場を抱えていた。枚方市政策企画部人権政策室の中村さんによれば「1939年3月1日、禁野火薬庫から爆発が起こり、死傷者約700名を数える犠牲を出した大事故が発生しました。京都の四条大橋からも爆発が見えたと伝えられていますし、煙が見えている写真も残っています」。また香里製造所跡でも戦後、朝鮮戦争勃発時に再び弾薬工場を建設する動きがあった。「市民・行政・議会で反対運動が起り、結果、住宅団地となりました」。
 そういった歴史もあり、枚方市には数多くの戦争遺産や平和のモニュメントがあり、1989年には3月1日を「枚方市平和の日」に定め、以降、さまざまな平和に関する催しを行っている。「今年は3月1日、戦場カメラマンの渡部陽一さんをお招きし、市内の子どもたちの平和メッセージを発信する『ひらかた平和フォーラム』を開催します」。それにあわせ、「枚方市平和の日フォトコンテスト」が開催される。
…続く

Pocket
LINEで送る