女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年1月25日

冬の旅・冬のまつり vol.1 「さっぽろ雪まつり」2月5日開幕!

Pocket
LINEで送る

国内外から200万人を超える観光客が来場!

 この時期ならでは、しかもたった1週間だけしか楽しめない日本を代表する冬の祭典といえば「さっぽろ雪まつり」。
 1950年に始まった「さっぽろ雪まつり」は、今年、64回目を迎え、2月5日(火)から11日(月・祝)に開催されます。5tトラックで約6‚500台の雪が運び込まれ、今年は214基もの雪氷像が並ぶ予定(大通会場:131基、つどーむ会場:23基、すすきの会場:60基)。
 迫力と美しさ、そして心を温める夢に満たされた雪と氷の芸術作品を見に、毎年国内外から200万人を超える観光客が来場します。

 メイン会場となる「大通会場」(大通公園西1丁目から西12丁目)は22時まで、サブ会場の「すすきの会場」(南4条通りから南6条通りまでの駅前通り)は23時までライトアップされ、昼間とはまた一味違う、幻想的な雰囲気を楽しめます。
 また、お子様連れにお勧めしたいのが、第二会場としてすっかり定着した「つどーむ会場」。札幌市スポーツ交流施設 「つどーむ」内には大規模な休憩所や飲食ブース、お子さんが遊べるファミリー広場など遊べる工夫がいっぱい。子供から大人まで、北海道の自然の中ですべり台やスノーラフトなど雪と存分に戯れることができる注目スポットです(9:00~17:00)。


 冬の北海道を訪れたいなら、ぜひこの期間を狙ってみてはいかが? 会期前後に少し時期をずらして雪像の製作・解体を覗き見るのもいいかも。寒さ対策も忘れず、北海道の大自然、雪と氷の美を愛でに旅しませんか?


開催日=2013年2月5日(火)~11日(月・祝)

Pocket
LINEで送る