女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年1月29日

冬の旅・冬のまつり vol.2 秋田「なまはげ紫灯まつり」2月8日~!

Pocket
LINEで送る

 「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と鬼の面とケラミノ、ハバキを身に付けて家々を訪れる「なまはげ」は今や全国的にも有名になりました。
 大晦日に秋田県の男鹿市と三種町、潟上市の一部で行われる伝統的な民族行事で、「男鹿(おが)のナマハゲ」として、国の重要無形民族文化財に指定されています。

 そんな民族行事「なまはげ」と地元の真山神社に伝わる豊作や大漁を祈願する神事「柴灯まつり」を組み合わせ観光祭が、2月8日(金)~10日(日)に行われる「なまはげ紫灯(せど)まつり」です。
 うっそうとした森は、いかにもなまはげが住んでいそうな雰囲気…。境内に焚き上げられた柴灯のもとで繰り広げられるなまはげの乱舞は迫力満点です。
 大晦日に各集落毎に行われている家庭でのなまはげの様子を神楽殿に設けられたステージ上で再現されたり、なまはげが和太鼓を打ち鳴らしたり、さらにはなまはげが松明を持って雪山を次々駆け下り、観客の中を練り歩く「なまはげ下山」も行われます。最後には、かがり火で焼かれたお餅が配られ、それをもらうと無病息災のご利益があるとされています。

 2013年は50周年の記念すべき年。例年の倍近い50匹のなまはげが勢ぞろいするのだそう。「一度行ってみたかった」という方はもちろん、「どこへ行こうか迷っている」という方も、記念年の特別な「なまはげ紫灯まつり」は必見ですよ!

期間:2013年2月8日(金)~10日(日)
時間:16:00~20:30(予定)
場所:真山神社(秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97)

Pocket
LINEで送る