女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2015年1月29日

節分の日特集 Vol.2  おいしい福豆レシピ

Pocket
LINEで送る

年の数と言わずもっと食べたい!

 節分には年の数だけ豆を食べる―子供のころは「年の数と言わずもっと食べたい!」と思っていたのに、年齢を重ねるにつれ結構大変になってきたりも…。しかし、大豆といえば「畑のお肉」と呼ばれるように、たんぱく質が豊富な健康サポート食材。
 そこで、「買ってきた福豆をボリボリ」とは一味違う楽しみ方をご紹介! 年の数以上においしく食べて、鬼にも病気にも負けない体を作りましょう!

おやつやおつまみにも!【鬼も喜ぶ大豆のカリカリ】

(材料)
・炒り大豆(福豆) 1カップ
・水 大さじ1
・みりん 小さじ1
・砂糖 大さじ2
・薄口しょうゆ 小さじ1
・七味唐辛子(大人)or胡麻(子ども) 適量

(作り方)
 フライパンに水(大1)・みりん(小1)・砂糖(大2)を入れ、中火にする。
 泡がブクブク出てきたら弱火にして、トロッとするまで煮詰め、薄口しょうゆ(小1)も入れる。
 がトロトロになれば、炒り大豆を入れてからめる。
 を煮詰めて、乾かないうちに七味唐辛子か胡麻をまぶす。
 をスプーンに1杯ずつ、クッキングペーパーにのせ乾かせて、完成。

立春を祝う伝統茶【福茶】

(材料・一人分)
・炒り大豆(福豆) 3粒
・塩昆布or昆布の佃煮 適量
・種を取った梅干 1粒
・熱湯 180cc
(作り方)
湯のみに材料を全部入れ、熱湯を注ぐだけ!
 「福茶」とは、元旦に汲んだ若水を沸かして茶、もしくはそれを飲む習慣のことで、日本全国で見られます。節分に福茶を飲むことで、立春=新年を祝った昔の気分を味わってみましょう!
★熱湯の代わりに、番茶を淹れても美味しいです。


節分の日特集 Vol.1 豆まきで厄払い
節分の日特集 Vol.2  おいしい福豆レシピ
節分の日特集 Vol.4 節分になぜ「イワシ」?
節分の日特集 Vol.5 「節分蕎麦」
節分の日特集 Vol.6 「スイーツ」

Pocket
LINEで送る