女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年1月31日

ミッション! 雑がみを資源へ!(2)

Pocket
LINEで送る

泉大津市 都市政策部 環境課
おづみんの雑がみ保管袋

前の記事
 雑がみ保管袋は市が作ったものでなくとも、一般の紙袋でOK。同じ紙袋を繰り返し使えば、それも環境負荷の軽減につながる。「泉大津市では、名刺サイズ以上の雑がみを資源として回収しています。また、自治会など地域での集団回収も行って頂いています。1kg7円の補助金も(市から)出ますので、そちらでもご協力頂ければと思います」。
 可燃ごみが減れば、環境にも、家計にも優しく、焼却炉を維持管理する負担も軽減される。税金が使われている施設を良い状態で延命できる。ひとりひとりの意識で、リサイクルだけではない良い循環が生まれる。あなたも今日から、雑がみ、ちゃんと分けてみては?

(ごみの分別は自治体によって異なります。お住まいの自治体の指示に従ってください。また、封筒などに書かれた個人情報の取り扱いは注意して下さい)

前の記事
ミッション! 雑がみを資源へ!(1)

Pocket
LINEで送る