女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年2月2日

昭和の知られざる詩人・木版工芸家  ―五百旗頭欣一展―(2)

Pocket
LINEで送る

枚方市堤町10-27
市立 枚方宿鍵屋資料館

前の記事

 「交流があった詩人の詩集などの装幀や、著名な画家の木版作品の彫りや摺りも手掛けています。何層にも摺り重ねた木版画は肉筆画に見間違えるほどで、その技量の高さがうかがえます」。鍵屋に関連した展示物もある。
 「鍵屋には料理旅館当時に訪れ、後に看板を(鍵屋に)贈りました。それを当時の店主がいたく気に入ったようで、店の玄関にかける一方、マッチやうちわのデザインなどの制作を依頼しています」。
 多くの人に知られているわけではない。しかし、その味のある作品は、観るものの心に沁みる。「私も、五百旗頭欣一の作品が大好きなので、皆さんに興味を持って頂けるような、わかりやすく楽しめる展示を心がけています。今回の展示をきっかけに、五百旗頭欣一を知って頂ければと思います」。

 なお、枚方宿鍵屋資料館の開館時間は9時30分から17時(入館受付は16時30分)までで、火曜休館(祝日の場合は翌日休館)。入館料は大人200円・小中学生100円。
 「2月9日からは大広間で(五百旗頭欣一展とは別に)和紙の雛人形展も行います。淀川をのぞめる大広間で、ゆっくり過ごして頂ければと思います」。歴史ある建物で、枚方宿や五百旗頭欣一の世界を気軽に楽しんでみてはいかがだろうか。


前の記事
昭和の知られざる詩人・木版工芸家 ―五百旗頭欣一展―

Pocket
LINEで送る