女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年2月10日

「神になった柿本人麻呂-人丸信仰の調査と報告書」 人から神へ、歌から信仰へ…柿本人麻呂の謎に迫る

Pocket
LINEで送る

犬養万葉記念館に協力する会

日本の和歌史上最高の歌人 柿本人麻呂

 柿本人麻呂といえば、万葉集はもちろん、日本の和歌史上最高の歌人として高く評価されています。しかしそれと同時に、「歌聖」として神と讃えられてもいたのです。
 人麻呂が神格化され、“人丸信仰”が広まる…そんな超越した謎の万葉歌人・柿本人麻呂について、人丸を祀る寺社、塚など全国121カ所を現地調査した報告が、犬養万葉記念館に協力する会により「神になった柿本人麻呂-人丸信仰の調査と報告書」としてまとめられました。
 どこで生まれ育ち、どこで死んだのか、生没年も人生についても、謎に包まれている柿本人麻呂。アンケートや詳細な現地の聞き取り調査に基づき、歌聖としての人麻呂のほか、安産や火伏せ、学業、防疫病などの神様として全国各地で崇敬された“人丸信仰”の興味深い変遷が明らかになりました。

 歌や現地のカラー写真で、時空をタイムスリップした気分に…。これが最後の人丸信仰調査の機会だったとの声もある貴重な報告に、ぜひ一度眼を通してみませんか?

 お問い合わせ=犬養万葉記念館に協力する会 電話 0742-44-0373
 A4版92ページ。頒価1‚000円。

Pocket
LINEで送る