女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年2月13日

「音楽って楽しくて素敵♪」を伝えたい  -2013年輝く人 山口 珠奈さん-

Pocket
LINEで送る

2012年度「摂津音楽祭」金賞受賞
ピアニスト 山口 珠奈 さん(14歳)

2012年度「摂津音楽祭」金賞受賞の実力派中学生
3月には日本センチュリー交響楽団と共演

 若手音楽家の登竜門として名高い「摂津音楽祭・リトルカメリアコンクール」。その2012年度金賞を受賞したのは、山口珠奈さん。まだ14歳の中学生ピアニストだ。
 「賞を頂けてすごくうれしいですし、本番で満足のいく演奏ができたのもうれしかったです! でも(金賞を獲得できると)ぜんぜんまったく思っていませんでした。」
 元々、同賞に参加する演奏家たちの年代層は広く、10代は少数派。両親も「経験で参加させてみよう」と考えたそうで、金賞受賞には驚いたそうだ。
 「(ピアノを始めたのは)5歳の時です。何か音楽のお稽古をしたいなと思って」。両親とも音楽好き。楽器をしているわけではないが、CDだけで約1万枚を保有。クラシックなどの古典から、ビートルズやYMOの名曲など、ジャンルを問わず国内外の一流音楽だけ聴いて育ってきた。音楽好きなDNAが受け継がれた。

 「(ピアノの練習は)毎日しています。1日平均で3時間くらい、(コンクールの前など)長いときは5、6時間は弾いています」。
 練習曲はショパンのエチュード、バッハの平均律など。誰かと競い合い、結果を出すための音楽ではなく、好きだから続けている音楽。コンクールも、賞を獲りにいくのではなく、自身の成長のために参加する。 …続く


この記事の続き
「音楽って楽しくて素敵♪」を伝えたい(2)

Pocket
LINEで送る