女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年2月20日

人気ホテルの記念ロゴを専門学生が制作

Pocket
LINEで送る

ホテル大阪ベイタワー×大阪コミュニケーションアート専門学校

数ある作品からホテル従業員全員で総選挙
ホテルのシルエット活かした細川 岬さんのデザインに

 今年、開業20周年を迎えるホテル大阪ベイタワー。それを記念したロゴが2月8日に発表された。制作したのは、大阪コミュニケーションアート専門学校に通う細川岬さんだ。
 ホテル大阪ベイタワーのマーケティング室長・秋田保さんによれば「20周年を迎えるにあたり、何か社会貢献ができないかと考え、産学共同で記念ロゴを制作することに致しました」。
 元々、地域との連携を重視するなど社会貢献に積極的なホテル大阪。「プロの方に依頼すれば安心ですが、若い方の成長につながればと思い、大阪コミュニケーションアート専門学校様に声をかけさせて頂きました」。

 ホテル開業時期に生まれたクリエイターの卵たちに、体感して得られる経験と実績を。秋田さんは制作を担当する同校クリエーティブデザイン科(グラフィックデザイン専攻2年生)の学生たちのため、オリエンテーションとして自ら教壇に立ち、ホテルの歴史や従業員たちの思いを伝え、制作段階に入ってからもヒヤリングを行う一方、スカイラウンジやスウィートルームなどホテル内の見学会も開催。その結果、学生たちから16作品が提出された。
 「それらの作品を従業員で選びました。一次選考は全従業員240名を対象にした投票形式で投票率は70%。まさに『総選挙』でした(笑)」。そこで5作品に絞り込み、最終選考会で協議。

 「最終選考会は従業員がいつでも傍聴可能な状態で行いました。また、部門支配人にはそれぞれの部署に持ち帰ってもらい(担当部署の)従業員に『どのロゴマークにするのか』と確認したうえで決定しました」。 …続く

この記事の続き
人気ホテルの記念ロゴを専門学生が制作(2)

Pocket
LINEで送る