女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年2月23日

交野を行き交う人に美しい花壇で楽しんでほしい

Pocket
LINEで送る

『花と緑の会』いぶき

「みどりのまちづくり賞」奨励賞受賞 評価の高い花壇づくり

 交野市・河内磐船駅(JR学研都市線)前にあるロータリーには大きな花壇がある。季節の花が美しく植えられ、手入れの行き届いた花壇は、通勤・通学者の心に潤いを与えている。
 この花壇を維持・管理しているのが「『花と緑の会』いぶき」だ。代表の出射(いでい)幸雄さんによると「交野市が主催していた『花と緑のボランティア育成講座』を受講し、修了した人が集まって平成17年に誕生しました。
 『花と緑の街づくり』を行政と協働して進め、市民にその輪を広げて、花と緑にあふれ安らぎと潤いのある交野のまちを実現することを会の目的にしています」。

 『花と緑の会』では、京阪交野市駅前ロータリーと同駅近くにあるスーパー「イズミヤ」前の花壇も維持・管理しており、各花壇の水やりや草取りを当番制で毎日行っている。そのレベルは高く、昨年行われた「第2回みどりのまちづくり賞」でも奨励賞を受賞。「種から花苗を育てて複数の大きな花壇で活動している。花壇は良く整備されており、良好な状態で管理するには日々の水やり、雑草取りなどが必要。この労力に対して頭が下がる思いである」といった高い評価を受けた。  …続く



「第2回 みどりのまちづくり賞」審査員長・増田 昇氏(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科教授)の講評(出射さんがまとめたものを文責者が要約)

この記事の続き
交野を行き交う人に美しい花壇で楽しんでほしい(2)

Pocket
LINEで送る