女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年2月26日

宿場町で雛祭りを感じる 「和紙のひな人形展」&「ひな御膳」

Pocket
LINEで送る

枚方市堤町
市立枚方宿鍵屋資料館

美しくもおちゃめな雛人形と雛祭り限定グルメを枚方宿で味わう

 東海道57次の宿場町・枚方宿。その一角で栄えた宿屋で、後に料亭となった鍵屋の建物を使用している枚方宿鍵屋資料館では、昭和3年に設えられた大広間にて「和紙のひな人形展」を3月14日(木)まで開催している。
 担当の峰本美実(みねもとみみ)さんによれば「当資料館では毎年、創作和紙人形作作家・河本二三子さんによる、豊かな色彩と躍動感あふれる和紙人形の世界を展示しております」。
 残念ながら河本氏は2010年の雛祭りの日に他界したが、同氏の遺族から雛人形など和紙で作られた人形数点の寄贈を受けた。7段飾りの豪華な「あかね雛15人揃」、お内裏様・お雛様が従者を連れてお月見に興じる「月見の宴」、楽師が奏で官女が踊り、お内裏様・お雛様も楽しげな「春爛漫うかれ雛」、家人たちが寝静まり、人形たちが自分たちの時間を謳歌している「真夜中のお雛様」など5点を展示している。

 また、鍵屋資料館ではランチタイムに地元の割烹店や日本料理店から取り寄せたお弁当や御膳を大広間で楽しめる「鍵屋のおもてなし」を実施しているが、3月11日(月)までは「ひな御膳」の提供を期間限定で行っている。刺身や焚物など食材の彩りも鮮やかで味も良く、器も可愛らしいとあって、女性の来場者を中心に毎年好評。今年も既に30人ほど予約が入っているそうで、取材中にも問い合わせや予約の電話が鳴っていた。 …続く



この記事の続き
宿場町で雛祭りを感じる(2)

Pocket
LINEで送る