女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年3月5日

新たなサテスタから声と映像、発信中! FMひらかた「駅なかstudio779」

Pocket
LINEで送る

朝・昼・夕方とサテスタから生放送! パーソナリティの生動画も配信!

 コミュニティFMとして枚方市を中心に放送を行っている「FMひらかた」。枚方の地域情報から、音楽・スポーツ・ラジオドラマ・寄席といった様々なプログラムを発信。年代を問わず楽しめるラジオ局だ。
 同局ディレクターで業務部係長の石元 彩さんによると「多くの方に喜んで頂くため、また、災害時に枚方の復旧・復興情報をFMひらかたで得て頂くためにも、ラジオでできる範囲のいろんな内容をお送りし、FMひらかたを知って頂こうと考えています」。プロのパーソナリティだけではなく、市内在住の主婦といったボランティアパーソナリティ、 市内にある大学へ通う学生が登場する番組 もある。
 「放送を通じて枚方の情報を得て頂くとともに、パーソナリティのトークやゲストの方との会話などから、生活のヒントを拾って頂ければと思っています。とくに、女性は生きていると多くの選択を迫られますよね。結婚するしないとか、仕事を続ける続けないとか。(同局の)パーソナリティは女性が多いので、そういった時、参考になることも多くあると思います」。

 地域に密着していて面白く、ときに生き方のヒントにもなるFMひらかた。その生放送は、京阪枚方市駅にあるサテライトスタジオ「駅なかstudio779」(愛称・駅スタ779)から発信されている
 「今年の1月15日に枚方市駅東改札前から中央改札前コンコースへ移転し、新しいサテスタが誕生しました。朝・昼・晩の生放送はサテスタからお送りしています。人通りの多い場所なので、今までFMひらかたを知らなかった方や『サテスタの存在は知ってたけど、どこにあるかわからなかった』といった方にもスタジオを覗いて頂いています」。スタジオ前で足を止め、パーソナリティの呼びかけに応える人もいるのだとか。また、スタジオ内の様子はネット上でもリアルタイムに配信※されている。

 「初めは、パーソナリティから『ちょっと恥ずかしい』といった言葉も聞かれました(笑)。でも、そこは大阪人ですから。最近はカメラに向かって手を振ってみたり、遊んでいるパーソナリティもいますね(笑)」。新サテスタの移転オープンと同時に開局16周年を迎え、その記念番組の生放送も実施している。
 「いろんな人の生き様とか考え方を聞けるのがラジオの魅力だと思います。地域情報も細やかにお伝えしておりますし、ぜひ多くの方に聴いて、見て、楽しんで頂きたいですね」。
 なお、同局では音楽ライブなどのイベントを開催しているほか、毎月11日には東日本大震災の復興支援として著名人やリスナーの声を被災地に届けている。詳しくは、同局ホームページ(下記)を参照のこと。

7時から9時の「交通情報&シティインフォメーション」のみ本社スタジオから生放送。なお、同局では生放送以外の時間帯もネット放送を24時間行っている

Pocket
LINEで送る