女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年3月9日

天川千穂&木村実紗麗の幸せになろう!Vol.58

Pocket
LINEで送る

【夫婦に関するお悩み】
熟年離婚の是非

熟年離婚の是非

〈今回のお悩み〉
 72歳男性。高飛車で自分勝手な妻にほとほと疲れ果てました。今は、全財産を渡してでも縁を切りたい気持ちで一杯です。でも、この歳で今さら離婚するのは悪い事だとも思えます。私はどうしたらいいですか?

〈回答〉

 まず、奥さんの星を見ますと、確かにあなたが仰る通りの女性ですね。
 また、あなた方夫婦の相性は本来良くありません。それが今まで続いたのは、ひとえにあなたのお陰。柔軟性の星と辛抱の星を持つあなたは、普通なら耐えられないことも我慢できたのです。
 ただ、あなたは我慢をしすぎましたよ…。

 ところで、あなたには仕事人間の星があります。ひょっとして、今は無趣味ではありませんか?
 ご主人のリタイア後、夫婦が家で顔をつきあわせる時間が増えると、お互いの欠点が鼻に付くもの。そのせいで、不満に拍車がかかったのではと推察します。
 正直なところ、離婚にはたいへんな労力を要します。せっかくの晩年を争いに費やすのは勿体ない。
 ですから、ぜひ「外を出歩く愉快な趣味」をお持ちなさい。できるだけ友達と過ごすようにしたら、この悪妻をやり過ごせると思いますよ。

〈熟年離婚の是非〉

 赤い糸で結ばれた夫婦など滅多にはいません。それでも、何がしかの縁で一緒になり、長年連れ添ったとしたら、たいへんに素晴らしいことです。そんな男と女が、誰かの支えが必要な老境に入ってから、わざわざ別れて孤独になるのは残念。私はそう思うんです。
 連れ合いが鬱陶しいなら、それぞれ好きなことに打ち込んで距離をとるといいでしょう。
 生活の知恵で、熟年の毎日が楽しくなるよう応援しています。
 みんな、幸せになろう!

Pocket
LINEで送る