女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年3月26日

世界が羨む「秘宝」が初来日! 「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」開催中

Pocket
LINEで送る

京都市美術館 特別展
「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」

ルーベンス、ラファエッロら巨匠たちの名品が観られるチャンス!
侯爵家の豪華な調度品で宮廷サロンを再現した展示も

 現在、京都市美術館では特別展「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」が開催中だ。広報担当者によると「リヒテンシュタイン侯爵家はヨーロッパの名門貴族。『優れた美術品収集こそが一族の栄誉』という家訓のもと、500年以上にわたってヨーロッパ美術の名品を収集してきました」。絵画だけでも1600点、その他美術工芸品や武具などを合わせると約30000点にもおよび、英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクションといわれている。
 「今回の特別展では、ラファエッロ、クラナッハ、レンブラント、ヴァン・ダイクといった巨匠たちの名品が来日します。その中でもご注目頂きたいのがルーベンス作品です。リヒテンシュタイン侯爵家のルーベンスコレクションは30点余りを数え、世界有数の数と質を誇ります」。今回の特別展では、5歳の愛娘を描いた傑作≪クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像≫など選りすぐりの8点が紹介されている。

 また、絵画だけではなく、華麗なバロック宮殿の雰囲気も体感できる「侯爵家が愛用してきた豪華な調度品を、宮廷のサロン風に再現して展示するコーナーがあります」。日常では味わえない貴重な時間を過ごせることだろう。 …続く

Pocket
LINEで送る