女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年3月23日

さよなら、ひらパー兄さん! ひらかたパーク ひらパー兄さん引退

Pocket
LINEで送る

ひらパー兄さん4年間の軌跡をたどる 「さよなら ひらパー兄さん展」開催中

 枚方市枚方公園町にある遊園地「ひらかたパーク」。大阪府民に限らず、近隣の府県に住んでいる人でも、1度は訪れたことがあるのではないだろうか。そのイメージキャラクターとして愛されてきた「ひらパー兄さん」が、今月をもって終了することとなった。
 ひらパー兄さんは2009年4月からスタート。「子どもたちの要望や悩みを聞いてくれるお兄さん的なキャラクターを作ろうと考えました。また、それまではシーズンごとに(CMなどで起用する)タレントさんを変更していましたが、通年ご活躍頂けるような設定にしようと企画しました」(同園事業チーム・石川真吾さん)。

 当時、人気が出始めていたお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一氏を起用。『子どもたちとひらパーをこよなく愛する兄さん』として、幅広い世代から支持を得た。「多くの方に親近感を抱いて頂いています。とくにお子さまたちからは『僕たちのひらパー兄さん』と親しまれていまして、園内にあるひらパー兄さんの看板でも、たくさんの方が写真を撮られています」。ではなぜ、引退となったのだろうか。
 「とても身近に感じて頂いていて、浸透もしておりますが、遊園地として、新しいものを打ち出していかなければならない、といった側面もあります。また、当園は昨年100周年を迎え、今年で101年目。新しい世紀に入りますので、それに合わせて新たな展開をと考えました」。 …続く

Pocket
LINEで送る