女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年3月25日

急げ、お花見準備! ~お花見弁当編~

 今年は桜の開花が予想より早まり、各地でお花見準備に大慌てのようです。「まだもう少し先だ」と思って油断していた方も多いのでは? 桜のベストシーズンは短いだけに、開花に併せて準備も大急ぎで進めたほうが賢明です。そこで、今回はお花見弁当などについてご紹介。予定が早まってしまったとしても、できる限り準備万端で待ち焦がれた春を楽しみましょう!

サイズと彩りに工夫で「お花見弁当」感UP!

 「お花見弁当」と言っても、特別気合いを入れて作らなくても大丈夫。ただ少し春らしさを意識するだけで、随分と「お花見弁当」らしくなるものです。たとえば菜の花などの旬の食材を取り入れたり、桜でんぶなど春っぽい彩りを加えたり、それだけでも随分「お花見弁当」らしさが出ます。
 また、野外でも食べやすいよう、サイズにもこだわりたいもの。つまんで食べられる「フィンガーフード」を中心に揃えるといいでしょう。サイズ、形状、色合いからも、ご飯なら「手まり寿司」がオススメ。ラップにエビや大葉などきれいな彩りの具材を置き、すし飯を乗せてキュッと丸く絞ればできあがり! サンドイッチも卵サラダなどの具材を芯にロールに巻いて一口大に切り、キャンディーのようにラップでくるめばスペシャル感UP! おかずもかわいいピックでさしておくだけで、手が汚れず、食べやすく、かわいく演出できます。

 料理自体に手間をかけて大変な思いをするよりも、こうしたちょっとした工夫でキュートに、華やかに見せるのが賢明(笑)。ただし、炎天下に長時間放置する場合、傷みやすい具材は避け、保冷剤を添えると安心です。また、飲み物も、手軽な缶ビールもいいですが、桜色をしたロゼシャンパンなどを選ぶとオシャレですね。

現地にデリバリーという選択も!

 お弁当を作るのはもちろん、市販の惣菜の買出しも大荷物で結構大変。そこで、最近人気の選択肢が「お花見会場へデリバリーを頼む」というもの。お寿司やピザ、お弁当などをお花見会場へ直接届けてくれるお店もたくさんあります。こういったサービスを利用すると、少ない荷物で時間的にも負担なくお花見会場へ向かうことができます。上手にデリバリーを利用すれば、お花見も気軽かつ豪華に楽しめますね。
 ただし、お花見会場は人が多いため、きちんと配達場所を説明することが重要です。入り口やわかりやすい目印のある場所かつ、配達の方がすぐに見つけられるよう人が多い所を避けて受け取り場所を設定しましょう。また、返却不要の使い捨て容器で運んできてくれますが、ゴミを放置しないようきちんと片付けて帰りましょう。
 さて、あなたは手作り弁当派? それとも買出し派? それともデリバリー派? いろんなスタイルでお花見を満喫してください。


急げ、お花見準備! ~場所取り編~
急げ、お花見準備! ~持ち物編~