女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年3月30日

あなたのデザインが、誰かのお役にたちます 平成25年度 赤い羽根共同募金 記念バッジデザイン募集

社会福祉法人 共同募金会

近畿6府県共同募金会合同募集。入選者には嬉しい賞金も!

 毎年10月から12月まで実施されている赤い羽根共同募金。その記念バッチがあるのをご存じだろうか。社会福祉法人 大阪府共同募金会の事業担当課長・北野彰さんによれば「昭和22年、赤い羽根共同募金がスタートした時から、毎年制作しております」。タテ・ヨコともに25mm程度のピンバッジ。小さいながらも作り手の思いが凝縮されており、どの年の物も秀逸だ。
 その記念バッチのデザインを、近畿6府県(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)の共同募金会が合同で募集している。「以前は全国から募集していましたが、現在は6府県にお住まいの方、または在勤・在学の方のみを対象に募集しています」。

 昨年の応募点数は187点。「本音を申しますと、(応募点数が)ちょっと少ないかなぁと」。大きさが小さく、赤い羽根と年号(または西暦)をデザインに取り入れ、使用できる色は羽根の赤を含めた3色という規定があり「意外と難しいのかもしれません」。
 また、バッジに起用されるデザインは応募作品をそのまま使用するため、デザイナーなどプロの作品が選ばれることが多い。「プロの方は専用の(制作)ソフトなどを使用して作ることができますが、一般の方は手書きで作られる方が多いですし、とくにお子さんが描くのは難しいと思います。でも、多くの方の作品を取り上げたいと考え、バッジに使用される『赤い羽根賞』(1点)以外にも、佳作にあたる「愛ちゃん賞」を5点、「希望くん賞」を20点、決定致します」。 …続く