女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月15日

ボーイズ・オン・ザ・サイド (1995年)  Boys on the Side (1995)

Pocket
LINEで送る

監督:ハーバート・ロス /Director: Herbert Ross
出演 ウーピー・ゴールドバーグ/メアリー・ルイーズ・パーカー/ドリュー・バルモア

監督の手腕に応える 女優陣の実力

 佳品だと思う。テンポよく前哨戦をこなし、物語の中核に導いていく手際のよさといい、女優陣が監督の意図にこたえる実力といい、さりげなくまとめたあとに感動がこみあがる。ストーリーは、一言でいえば女三人のロードムービーだ。その三人がエイズ・レズ・殺人者の組み合わせである。ニューヨークの過酷な生活に疲れ西海岸をめざすロビン(M・パーカー)はドライブ・パートナーを探す。応募したのはクラブをクビになった売れないレズの歌手ジェーン(W・ゴールドバーグ)、途中ジェーンの女友達のホリー(D・バルモア)をたずねるとドメスティックバイオレンスの真最中、二人は仲裁にはいるが返り討ちにあいかけ、ホリーはバットで男を一撃、致命傷になる。三人は出奔、いや出発▼だいたいロビンとジェーンは気が合わない。白人で懐古趣味の女(理由はロビンがカーペンターのファンだから)とジェーンはロビンを毛嫌いするし、ホリーは男の趣味が悪いと軽く扱われる。旅の途中ロビンがエイズであることがわかる。今までもこれからもいいことなんかないような女三人だ。でも彼女たちはぶつかりあいながら旅を続けるうち、お互いの悩みにふれお互いを認め合っていく▼ホリーは刑務所で出産する。赤ん坊を抱いてジェーンとロビンの住む家にもどってきたホリーは、家屋の薄暗がりに立って自分を迎える人影を認める。車椅子のロビンとそれを押すジェーンだった。赤ん坊を抱くロビンをジェーンがみつめる。そのまなざしがゆっくり部屋を一巡する。祝福の笑顔とおだやかに流れる時間が満ちている。ジェーンの視線がめぐり、再びロビンの位置に戻ったときそこには無人の車椅子だけがある。手練のカメラワークだ。このシーンに流れる歌が泣かせる。「あなたのそばにいて、あなたの願うことをかなえてあげたかった」愛する人をおいて自分が死ななければならないとき、だれだって人はそう思うだろう▼女性映画で定評のあるハーバート・ロスが肩の力をぬいてつくっている。「愛と喝采の日々」でオスカー監督賞候補に。シャーリー・マクレーンとアン・バンクロフトが、靴とバッグをぶつけあう大喧嘩のシーンをご記憶の方はおられないだろうか。女たちの群像を描いた「マグノリアの花たち」では、病を押して出産する若い母親を演じたジュリア・ロバーツがオスカーにノミネートされた。蛇足だが「ボーイズ・オン・ザ・サイド」とは「男たちは脇役」の意。

The ability of the actresses to meet the director’s skill

This is a great piece. The film manages to zip along early‚ skillfully we are guided into the core of the story; and there is the ability of the actresses to meet the director’s intentions. After everything is casually drawn together we are filled with emotion. To sum up the story‚ it is a road movie about three women. The three are the combination of an AIDS carrier‚ a lesbian‚ and a murderer. Tired of harsh New York life and seeking to head to the west coast is Robin (Mary-Louise Parker)‚ who is seeking a travelling companion. Answering her is Jane (Whoopi Goldberg) a fired and unsold lounge singer. Along the way they visit Jane’s female friend Holly (Drew Barrymore)‚ who is the middle of a domestic dispute; the two women intervene and as they are beaten back Holly cracks him over the head with a bat‚ which turns out to be fatal. The three run away‚ or rather‚ depart.
Robin and Jane generally don’t see eye to eye. Jane has a deep prejudice towards Robin‚ a white woman who has a nostalgic longing for the good old days (because she is a fan of The Carpenters)‚ and Holly is treated lightly because of her bad taste in men. During the trip Robin learns that she has AIDS. Up until now and from here on it seems that the three women have nothing going for them. However‚ as they clash along the trip they open up to and accept one another.
Holly has her baby in prison. She returns to the house where Jane and Robin both live; standing in the dim house she recognises the figures welcoming her. It was Robin in her wheelchair pushed by Jane. Jane gazes at Robin who is holding her baby. The expression moves slowly around the room. The calm moment flows with the smiling faces of their blessings. Jane’s rotating viewpoint returns to where Robin was‚ though now there is all but an empty wheelchair there. The camerawork is very clever. The soundtrack in this scene makes you cry. "I wanted to be beside you‚ and make your wishes come true." Anybody who leaves behind their loved ones and passes away would think this.
Herbert Ross‚ a standard for movies about women‚ loosens up when he creates. He was nominated for Best Director for The Turning Point. There is an unforgettable scene were Shirley MacLaine and Anne Bancroft have a big fight‚ kicking and swinging their bags. In the female group portrayal Steel Magnolias‚ Julia Roberts was nominated for her role as the young mother who braves illness and gives birth.

Pocket
LINEで送る