女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年5月13日

大阪・港区に新名物誕生か? 鉄板焼「瑠璃」 港バーガー

ホテル大阪ベイタワー

海をイメージした食材を使用
有名料理人と地ソースのコラボで地域振興

 ここ数年、脚光を浴びている「地ソース」。専門店が登場し、ネット上でも話題になっている。当然、粉もんの聖地である大阪でも地ソースは作られており、ファンのみならず飲食店などで広く使用されている。
 そういった「大阪の地ソース」を作り続けている会社の1つ、港区にある三晃食産株式会社(代表・武田喜勝)と、港区で開業20周年を迎えたホテル大阪ベイタワーにある人気鉄板焼レストラン「瑠璃」がタッグを組み、地元グルメを作り上げた。その名も「港バーガー」。
 波を連想させるパンに、ホタテやエビのフライなどを挟んだ。ソースはもちろん、三晃食産の三晃ソース。「(三晃ソースは)ホテルでもよく使用しておりますし、地元の食材を使って地域振興を図ろうと企画致しました」(同ホテルマーケティング室長・秋田保さん)。

 鉄板焼「瑠璃」の料理長で、人気テレビ番組の料理バトルにも出演している山本健さんが半年を費やして考案。「かなり悩んでいたようです(笑)」。その甲斐あってか、評判は上々。興味本位で食べに来る地元民も多いようだ。「三晃ソースは、限られたスーパーなどでしか出回らないですし、地元の方にも食べて頂いて(他地域の人との会話で)話のネタにして頂ければ楽しいと思います。町おこしにもつながればとも考えていますので、ぜひ一度、お召し上がり下さい」。
 販売は鉄板焼「瑠璃」のランチタイム(11時30分から15時。LO14時30分)のみ。6月30日(日)までの期間限定なので、興味のある方はお早めに。