女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年5月15日

家族そろって「食」を知る1日に 「乳酸菌のチカラ」をテーマに 市民公開フォーラム

第9回市民公開フォーラム 6月15日(土)開催
堺市立美原文化会館

学んで考え、見て体験して。 試食やおみやげもいっぱい!

 北海道大学農学部や同大大学院農学院(研究科)修了生などによって組織される一般社団法人札幌農学同窓会。その関西支部が主催し、食育月間に合わせて毎年開かれている「市民公開フォーラム」が今年も開催される。担当の田中文夫さんによれば「北の農業国、北海道から、食と農の様々なことについて考える場を提供したいと考え、9年前から始めました」。
 9回目の今回は「乳酸菌のチカラ」をテーマに、北海道大学大学院農学研究院教授・横田篤氏による「腸内細菌と私たちの健康」と題した基調講演のほか、京都大学名誉教授の天知輝夫氏司会でカルピス(株)研究戦略部長の山本直之氏、雪印メグミルク(株)食育・普及担当の唐住泉氏、(株)サンプラザ社長の山口利昭氏、それに横田氏を加えたパネルディスカッションが行われる。大学・企業研究者、管理栄養士、販売者それぞれの立場から、乳酸菌の整腸効果や乳酸菌をおいしく食べるためのレシピなど、家庭で活かせる乳酸菌についての話が聴けそうだ。

 ただ、「市民公開フォーラム」は座学だけでは終わらない。「第1部の『親子で楽しむ食育イベント』では各種ブースで楽しみながら正しい食の知識を身に着ける場にして頂ければと考えています。今回は乳酸菌を使った漬物と使っていない漬物の違いを味わえる特別展示コーナーを設置しました。味が全然違いますから、ぜひ体感して頂きたいですね」。蝋でできた食品サンプルを使い、食事のバランスチェックができるコーナーでは家族でワイワイと楽しみながら日ごろの食生活を見直すきっかけになる。他にも、トーストした食パンにケチャップで似顔絵を描く「にがお絵パン教室」では、父親の似顔絵を作成して父の日のプレゼントにする子どももいるそうだ。

 「メーカーからも試食やおみやげがたくさん提供されています。どのメーカーも(テーマの食材を)食べて味わって知って下さい、といったスタンスで参加していますし、一般の消費者から率直な意見も聴けますから良い刺激になっているようです。(同イベントは)消費者、メーカー、研究者が一体となって食のことを考える良い機会だと思います」。

 聴いて・見て・味わって知る。家庭で活かせる知識をみんなで得られる。「健康の原点は食にあります。ご家族そろって、食について考えながら1日楽しく過ごせるイベントですから『行ったらこんな良い話が聴けたよ』『いろんな体験できたよ』『おみやげいっぱいだったよ』『また来年も行こう!』と思って頂ければ、幸せですね」。
 開催日時は6月15日(土)11時から16時15分。開場は堺市立美原文化会館。入場無料で、事前申し込みが必要。講演会・パネルディスカッションは先着500人まで。申込方法や詳しい開催内容は下記問い合わせ先、またはホームページを参照のこと。