女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年5月22日

そろそろカビの季節です…<2> こんなところにもカビが!?

Pocket
LINEで送る

観葉植物にカビ!?

周囲に聞いてみたところ、「こんなところにもカビが生えたことがある」という話が…。その一部をご紹介します。室内においていた観葉植物。気がつくと土の部分が緑色の粉をふいたようになり、一部には小さなキノコが(!!)。急いで取り除いたのですが、数日たつとカビと思われる緑色がちらほら…。
 観葉植物の土はカビの絶好の繁殖場所。風通しのいい場所においてあげましょう。

毎年悩む靴のカビ

 むしむし暑くなってきたので靴も衣替え、と靴箱から夏用の靴を引っ張り出したら「またやってしまった…」。ヒールの部分や靴の内底に、白い斑点のようなものが。これはれっきとしたカビです。
 雨や土に汚れた靴を湿気のこもった靴箱に入れるのですから、カビの危険は当たり前かも?!
カビがはえてしまったら、水で洗うのではなくブラシでこすったり、重曹の粉を練って磨いてください。その際もカビの胞子が飛びちらないように、屋外などで行います。あまりにひどいカビの場合は靴修理などのプロに相談しましょう。


換気扇をまわしてるのに…

 カビ対策には換気が大切と、いつも換気扇をまわしている。なのに室内はじめじめ…。実は雨の日は換気扇はNG。逆に外の湿気を室内に入れてしまいます。エアコンや除湿器を使って乾燥させましょう。



カビのはえたパン…切り落とせばセーフ?

 この季節は油断すると、すぐにパンに青カビが発生!もったいないから、カビの部分は切り落として食べる…という方もいるかも?
 でもカビはすでに全体に菌糸を張り巡らせています。カビは耐熱性の毒をもち、パンを焼いても消えません。発がん性の危険もあるそうですので、もったいなくても食べないほうがいいでしょう。

Pocket
LINEで送る