女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年5月25日

そろそろカビの季節です…<3> 室内干しのイヤ~な臭い…ストップしたい!

Pocket
LINEで送る

臭わないための洗濯5か条

 洗ったはずの室内干しの衣類や、洗面所のタオルが臭い…よくありますね。これは細菌が繁殖しているため。一度繁殖すると、菌はなかなか死滅しません。実は部屋干し用の洗剤にしてもダメなんです。

1. まず洗濯機自体をきれいに!
 いくら衣類を洗っても洗濯機自体が汚れていては、カビや汚れを付着させるだけ。洗濯機の目に見えない内部は、実はカビと汚れだらけ。洗濯槽専用のクリーナーが市販されてますから、まずは洗濯槽をお掃除しましょう。この方法なら簡単ですから、定期的にお掃除することをおすすめします。
2. 使い方、分量は正しく
 「まだ入る」と洗濯機に洗濯物をギュウギュウ。これでは汚れが落ちません。また洗剤は指定の容量以上を入れると、逆にカビや菌のエサになってしまいます。洗濯機の使い方や水、洗剤の分量は正しく指示に従いましょう。

3. きれいな水+除菌アップ
 お風呂の残り湯を使う人も多いでしょう。でも残り湯には汚れや菌がいっぱい。もったいなくてもきれいな水を使い、漂白剤やお酢を少量加えると除菌力がアップしますよ。

4. 風通しに注意
 洗濯物を干す時は風通しが大切。間隔をあけて、ひとつの衣類でも生地同士がくっつかないように干します。また壁際に干すのも風通しが悪いのでNG。空気が流れる場所、または窓やドアをあけて扇風機などで空気を流して干しましょう。

5. アイロンを上手に利用
 小物はアイロンをかけると楽に乾きます。除菌のためにもおすすめです。

韓国では常識の必殺技「煮て洗う」

 どうしても臭いがとれないという場合、必殺技があります。それは「煮洗い」。
韓国ではこの方法が一般的で、洗濯用の大鍋があるほど。鍋にお湯を沸かして洗剤や漂白剤をとかし、衣類を入れて高温(!)でグツグツ…。ふきこぼれが心配ですが、韓国では煮洗い用の「ふきこぼれない鍋」もあるそうです。
 洗剤などを入れずお湯だけでも効果があるそうですから、どうしても困ったときは、ふきこぼれに注意しながらお試しを…。


そろそろカビの季節<1>  カビが繁殖する危険ゾーンは?
そろそろカビの季節<2> こんなところにもカビが!?

Pocket
LINEで送る