女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年6月10日

鬼太郎! 日本初上陸じゃ! 「GeGeGe水木しげるの妖怪楽園」

Pocket
LINEで送る

大阪文化館・天保山(海遊館となり)
6月29日(土)より開催

台湾で大好評だった鬼太郎アトラクション
大阪で凱旋的開催!

 年配者から子どもまで大人気の「ゲゲゲの鬼太郎」。妖怪マンガ「墓場の鬼太郎」として人気を博し、1968年にアニメ化。以降、70年代・80年代・90年代・2000年代と新シリーズアニメが放映され、実写版の映画も公開。各種イベントやアトラクションにも多くの人が訪れています。
 人気は国内に止まらず、昨春から秋にかけて台湾で開催された「GeGeGe水木しげるの妖怪楽園」は大反響。2会場で45万人を動員しました。
 その「GeGeGe水木しげるの妖怪楽園」が大阪文化館・天保山(海遊館となり)にて開催されます。広報担当者によれば「(台湾の好評を受け)この度、日本に凱旋します。日本の多種多様な妖怪の紹介コーナー、妖怪の棲む屋敷や森をイメージしたインタラクティブなゾーン、妖怪のいる気配を体感できるアトラクションなど、様々な手法で演出された妖怪の世界を体験することができ、まさに『妖怪のテーマパーク』です」。
 会場内はカメラ、ビデオ撮影が自由。鬼太郎や猫娘、ねずみ男が会場に出没することもあり、一反もめんに乗って撮影できるコーナーなどもあるのだとか。妖怪ファン、鬼太郎ファンにはたまりません。
 「それに、水木しげるファンにとっても『妖怪原画』の複製や、鳥取県境港市の『水木しげるロード』と同じ妖怪ブロンズ像が展示されたコーナーも大変魅力的ではないでしょうか」。

 これから、熱い夏。鬼太郎や仲間たちといった妖怪の世界で、じっくりと涼まれてはいかが?「周りには、海遊館や天保山マーケットプレイス、大観覧車などもあります。また、閉場後の会場を懐中電灯のあかりだけで歩く『スペシャルナイトツアー』の開催も予定しています。概要は公式HPで発表いたしますので、ぜひチェックしてみて下さい」。



 開催期間は6月29日(土)から9月1日(日)まで(会期中無休)。開場時間は10時から17時まで(土曜日は19時まで。入館はいずれも閉館の30分前まで)。入館料は当日券で大人1‚800円(前売1‚600円)、中学・高校生1‚200円(同1‚000円)、4歳~小学生600円(同400円)。なお、前売券は6月28日(金)までの販売。その他、詳しい内容は下記問い合わせ先、または公式ホームページを参照のこと。

Pocket
LINEで送る