女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年6月10日

エコでおしゃれで丈夫なクロスバッグ、発売中 大阪経済大学 ―新・キャンパス訪問―

Pocket
LINEで送る

普段使いに最適!オープンキャンバス時の資料配布時にも使用

 近年、買い物などの際にエコバッグを使っている人は多いですが「もっと丈夫でおしゃれな袋、ほしいなぁ」と思われたこと、ありませんか? それなら、大阪経済大学のクロスバッグはいかがでしょう。
 大阪経済大学では4月より、大学のロゴマークをワンポイントであしらったクロスバッグ(200円)で販売しています。同大学の入試部入試課主事・三井規裕さんによれば「(同バッグは)建築用の内装に使われる壁紙や壁紙メーカーで残ったデッドストックを再利用して作られました」。
 元々、『エコマリンズ』という製品を扱っている株式会社スクラッチバック(愛知県名古屋市)から声をかけられたのがきっかけ。多くの家で使われている壁紙ですが、このデットストック、つまり不要になった部分は「ロール状で大量に残るのだそうで、何とか再利用できないかと(同社に)話が持ちかけられたのだそうです」。

 不用品とはいえ、建築用の壁紙。丈夫さは折り紙つきで「強度が強く、クロス素材ですから雨にも強いですね。食品の汚れなども拭き取ることができます」。内側もPP加工で水を弾き、人体に有害なホルムアルデヒドを含まない素材を使用しているから安心です。
 デザインもよく、うっすらと描かれた桜の模様が落ち着いた感じ。デッドストックのためデザインが変わってしまうこともあるそうですが「これは偶然なんですけど、現在の桜のデザインは当校のスクールカラー(ピンク)に合っていて、スクールカラーともマッチして可愛らしくなりました。普段からお使い頂けると思います」。
 デットストックを使用していて環境に優しく、強度もあってデザインもおしゃれ。また、同バッグの製造には社会福祉法人つむぎ福祉会(大阪市東住吉区)も協力しており、障がい者たちの就労支援にも一役買っているほか、1枚販売されるごとに1円の義援金が日本赤十字社を経て東日本大震災の被災者へ寄付されます。

 「今後は販売だけではなく、オープンキャンパス時に資料をいれる袋として皆様にお渡ししていく予定です。正直、予算は通常の紙袋よりもかかります(笑)。でも、国内で作られたものを使っていきたいと考えていますし、将来的には、もっと地域の方々にもご協力頂きながら、作っていきたいと検討しています」。
 なお、購入は大阪経済大学キャンパスで。

Pocket
LINEで送る