女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

アニマルハート

2013年6月12日

セラピードッグの梅ちゃん&花ちゃん 人気です

Pocket
LINEで送る

梅花女子大学 心理学科アニマルセラピーコース
新・キャンパス訪問

オープンキャンパスや公開イベントにも登場!
学生・教職員も癒されます

 動物と接することにより悩みや心の疲れ・病気を癒す アニマルセラピー。全国の女子大学では初めてアニマルセラピーコースを設立した梅花女子大学心理こども学部心理学科学科長・太田仁教授によると「アニマルセラピーは科学的にも(効果が)立証されており、今後も病院や福祉施設、学校との連携を図りアニマルセラピーの推進・普及していくほか、本学も中心となり『アニマルセラピー学会』の設立にむけて動いております」。
 梅花女子大学のアニマルセラピーコースからは、昨年度、学生・院生合わせて47人の上級アニマルセラピストが誕生。今後の活躍が期待されるところですが、彼女たちを育て上げたのは教職員だけではありません。昨年度から導入したセラピードッグ・梅ちゃん(スタンダードプードル)も大きな役割を担いました。

 「(アニマルセラピーコースとセラピードッグは)本学心理学科の大きな要(かなめ)。地域の方々も(相談などの)援助を求めやすくなっているようです」。人対人では話しにくい、打ち明けにくいことも、梅ちゃんと接することで心が癒され、相談しやすくなるのだとか。
 「幼稚園などに実習で伺ったときにも、子どもたちがパッと集まってきます。友だちの輪に入りにくいお子さんでも、梅ちゃんに集まるお友だちの輪に素直に入ることができます」。また、グランフロント大阪の「ナレッジキャピタル ザ・ラボ」で行ったアニマルセラピーの実演では、多くの人たちが集まってきたのだとか。「動物と触れ合うことで、その体温や感触などにより、安心感が生まれるんです。学生たちもアニマルセラピーの癒し効果の大きさを実感したようです」。

 梅花女子大学では今年度から、新たな仲間としてセラピードッグ・花ちゃん(スタンダードプードル)も「入学」。今後の活躍が期待されています。ところで、とても愛くるしい梅ちゃんと花ちゃん。学生さんたちからの評判はいかがですか?
 「(学部学科を問わず)超いいですね!(笑)。梅ちゃんと花ちゃんは毎朝、学内にあるスクールバスの降車場所で学生さんたちをお出迎えしていますが、朝の忙しい時間なのに人だかりができています。休み時間にも(梅ちゃん・花ちゃんと)触れ合える場所を設けていますが、学生たちはもちろん、教職員も一緒になって笑顔の輪ができています」。当初は「想像していたよりも大きい」といった声もあったのだそうですが、現在では「学部・学科問わず、毎日会いにくる学生もいる」のだとか。みんなのアイドルになっています。
 「梅ちゃん・花ちゃんどちらもチャーミングでハートフル。スタンダードプードルは大型犬ですから『意外と大きい』と感じられると思いますが、大型犬が愛くるしいから、なおさらかわいく感じられます。公開イベントやオープンキャンパスの際には、ぜひ触れて頂いて、癒されて下さい」。

アニマルセラピスト…動物たちとともに人の心を癒し、医療などの現場で心理学を活かすことができる
(梅花女子大学「梅ちゃん&花ちゃんのお部屋」より引用・一部改)

Pocket
LINEで送る