女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年6月11日

13日に先行開業 あべのハルカス近鉄本店 タワー館 モノ・コト・ヒトが出会う“街のような場”を創出

Pocket
LINEで送る

ひと足早く報道陣に公開

 来春、全面開業する高さ日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の中核テナントで、6月13日(木)に先行開業する「あべのハルカス近鉄本店」が10日(月)、報道陣に公開されました。
 あべのハルカス近鉄本店は、高さ300m・地下5階60階のあべのハルカスのうち、地下2階から14階部分。館内には開放感のある吹き抜けが多く設置され、地域コミュニティの拠点づくりなど、ショッピング以外でも人々が集い、交流できる街づくりを目指しています。
 開業を前に話題を呼んでいるのが、11‚000・44店舗が入る百貨店としては日本最大級のレストラン街「あべのハルカスダイニング」(12~14階)。串カツやラーメンといった庶民の味から、百貨店・関西初出店や新業態を展開する名店・老舗の味を、抜群の眺望とともに楽しめます。

 このほか4階婦人服フロアでは、洋服や雑貨・小物までトータルコーディネイトをアドバイスする「ファッションアテンダントサービス」など、資格をもった販売員がブランドを超えてぴったりな商品を紹介するコンサルティング販売を実施。8階ベビーこども服フロアには、中央にジューススタンドや遊び場のある「すくすくパーク」を開設し、6・7階の「近鉄メンズ」には物を扱う専門雑誌『monoマガジン』 の世界観を表現した休憩室も設けられています。
 あべのハルカス近鉄本店が入居するタワー館には、ウィング館(旧阿倍野店)が隣接し、2014年春に全面開業する予定。開業後は売り場面積が10万となり、阪急うめだ本店(大阪市北区、8万)を上回る日本最大の百貨店が誕生します。

Pocket
LINEで送る