女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年6月14日

軟式野球で地域密着&日本一を目指すチームに(1)

Pocket
LINEで送る

東近江市大森町
カナフレックス 軟式野球部

独立リーグのセカンドキャリアとして
現役選手が安心してプレーするための受け皿

 大阪・兵庫・和歌山にチームがある関西独立リーグ、北信越や北関東で人気のBCリーグ、プロ野球にも選手を輩出している四国アイランドリーグplus――日本国内にも、ここ10年弱で3つ※1の独立リーグが誕生し、夢を追う若者たちにとって新たなチャレンジの場が広がりました。
 しかし一方で、選手たちの引退後、セカンドキャリアも重要視されてきています。その一環として、ホースとフレキシブルパイプの専門メーカーであるカナフレックスコーポレーション株式会社(本社・大阪市北区、代表取締役社長・金尾茂樹)では、新しい野球チーム発足に向けて動き出しています。

 同チームの運営を担当する飯田祥多さんによると「BCリーグでは数年前からセカンドキャリアの取り組みを始めています。また、カナフレックスは昨年(同リーグ)チャンピオンシップ※2のメインスポンサーとなり、自社でも野球チームを作りたいと考えていました」。同社には数年前まで野球チームがあったそうですが「(今回のチームは社員の)余暇としてのチームではなく、会社を代表するチームとして活動していきます」。
 BCリーグを中心に独立リーグやクラブチームなどで引退した選手に加え、スポーツ専門学校などを卒業した若い選手たちを受け入れ、軟式のチームとして地域の連盟に登録し、国体や天皇杯などで全国を目指します。「選手たちは(同社の)滋賀工場に勤めながら、トレーニングを行います。来年度の連盟加盟を目指し、現在は選手を集めているところです」。 …続く


この記事の続き
軟式野球で地域密着&日本一を目指すチームに(2)

※1 女子プロ野球を入れると4つ
※2 BCリーグは2リーグ制。両リーグでリーグ制覇したチームが全体の優勝を決める。
 プロ野球で言うところの日本シリーズ