女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

アニマルハート

2013年6月16日

国内初の都市型ドルフィンウォッチング 須磨の海をイルカが泳ぐ!

Pocket
LINEで送る

神戸市立須磨海浜水族園
7月31日(水)まで

「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」実施中

 神戸市立須磨海浜水族園(以下・スマスイ)は、須磨海岸東端に2頭のバンドウイルカを遊泳させる、日本初の都市型ドルフィンウォッチング「須磨ドルフィンコーストプロジェクト」を実施中です。
 同プロジェクトは、地域の活性化と環境教育の効果・イルカの飼育環境向上の検証を目的とした社会実験。約9600の海域を網で仕切り、観光や環境意識・地域イメージなどに関する調査を行うとともに、イルカの行動や健康状態を調べ、飼育環境上の効果や課題を探ります。
 遊泳するイルカはいずれもメスで、ジーナ(推定7歳)とリア(同7歳)。スマスイによると、ジーナはやんちゃで物怖じすることなく、リアは自ら遊びを生み出す好奇心旺盛な性格だそうです。

 プロジェクトの期間中には、インターネット回線を利用してライブ映像の配信や、海岸に観覧スタンドの設置、イルカの生態について海岸でレクチャーする環境学習会を開催。そのほか、イルカトレーナーが案内するドルフィンウォッチングなどが楽しめるモニターツアー、ペア宿泊券や飲食店の割引など、12種類の地域賞品の中から必ず何かが当たる「ハッピークーポン」がセットになった「須磨ドルフィンコースト ビーチサンダル」(限定500足、2‚000円、9月30日(月)まで)が販売されます。

須磨ドルフィンコーストプロジェクト

▼期間=7月31日(水)まで
▼場所=須磨海岸東端(スマスイ南側)
環境学習会
▼実施日=7月1日(月)~7月31日(水) 荒天時は中止
▼時間=11時~・15時~(15時は土・日曜・祝のみ、約15分間)
▼参加費=無料(申込不要)
▼その他=学習会終了後、陸上エリアの仕切りフェンスを開放し、波打ち際への立ち寄りや観覧スタンドからイルカを観察できます。
 イルカの体調および作業の都合により予告なく中止される場合あり

Pocket
LINEで送る