女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年6月18日

信太森の伝説、うどんで蘇る 本家さぬきや 信太森の白きつね饂飩

Pocket
LINEで送る

泉大津市我孫子
株式会社 本家さぬきや

「いずみの国グルメグランプリ」グランプリ受賞メニュー
イベントでもお店でも人気です

 昨年11月に和泉市で開催された「いずみの国グルメグランプリin和泉2012」。そのグランプリを獲得したのが、株式会社 本家さぬきやの「信太森の白きつね饂飩(うどん)」でした。
 本家さぬきやは泉大津市に本社がありますが、和泉市とも目と鼻の先。両市内にも店舗展開しており、同社の広報担当者によると「元々、地元密着のメニューを作ろうと試行錯誤をしておりましたところ、グランプリが行われると知り『信太森の白きつね饂飩』を作り上げました」。
 信太森には安倍晴明と母親・葛の葉にまつわる白狐の伝説があり、それをモチーフにメニューを作成。「当然、きつねうどんにしました(笑)。また、スープはカツオを効かせたダシを使い、豆乳で仕上げ、女性の方にも食べやすいサッパリ味に致しました。トッピングも泉州玉ねぎや大阪産の青ネギなど、できるだけ地元の野菜を取り入れました」。

 そこまでこだわって作った信太森の白きつね饂飩。「(調理担当者は)出るなら絶対勝ちたいと意気込んでおりましたから(グランプリを受賞し)正直、ホッとしていたようです。それに、1回目の開催で受賞でき、本当に喜んでおりました」。
 本家さぬきやでは大阪府内を中心に大小さまざまなイベントへも積極的に参加していますが、グランプリ受賞後は出店時に同メニューを販売。「食の大イベントである『 食博覧会大阪2013 』など、半年で7、8回はご提供致しました。そこで少しずつ改良し、今年の3月より、春の特別メニューとして全国の店舗で販売致しました」。
 お客さんからの評判は上々。「カツオのダシが効いていてウマイ!」「トッピングとスープが程よく絡んで飽きがこない味」「次もまた食べたくなります!」といった感想が寄せられたそうです。

 「泉州・和泉の名物料理として考案致しました。味はもちろん、食感も満足頂けると思います。今はいったん季節メニューが終わりましたが、地元の店舗を中心に、今後提供していく予定です。ぜひ一度、ご賞味下さい!」。

一部店舗を除く

Pocket
LINEで送る