女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年6月18日

日本一の高さ「あべのハルカス300」で空中散歩気分

Pocket
LINEで送る

ハルカス300(展望台) あべのハルカス美術館

「あべのハルカス美術館」は平日20時まで開館

 近畿日本鉄道は、2014年春にグランドオープンする高さ日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区、地下5階・地上60階)の展望台および美術館の名称や施設概要を発表しました。
 展望台の名称は、日本一の高さにちなみ「ハルカス300」。58階から60階までの3層構造で、大阪平野から天気が良ければ明石海峡大橋や六甲山・関西国際空港などが遠望できます。
 60階は東西南北360度にガラスを配した屋内回廊で、足元に広がる街並みを眺めていると、まるで空中散歩をしているかのよう。59階にはグッズなどを販売するショップが出店し、上空まで吹き抜け構造の58階は外気を体感できる屋外広場になっています。屋外広場の一面はウッドデッキで、さまざまなイベントを予定しており、屋内エリアにはカフェレストランも併設されます。
 近畿日本鉄道は初年度、展望台に約180万人の入場を見込んでいます。

 16階に開設される「あべのハルカス美術館」のコンセプトは、「Art×Human あらゆるアートを、あらゆる人に」。近鉄沿線の文化財をはじめ、日本・東洋美術、西洋美術、現代アートまで、年4~5回程度の企画展を開き、ターミナル立地を生かして全国的にも数少ない平日常時20時まで開館します。

◎ハルカス300
▼ 営業=10時~22時(年中無休)
▼ 入場料金=大人1‚500円、中高生1‚200円、小学生700円、幼児(4歳以上)500円]
 日時指定券は通常料金に一律500円加算
◎あべのハルカス美術館
▼ 開館=火~金曜/10時~20時、土日祝/10時~18時
▼ 休館=月曜・年末年始・展示替期間
▼ 入館料=展覧会により異なる

Pocket
LINEで送る