女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2013年7月22日

クラッシュ (1996年 社会派映画)

Pocket
LINEで送る

監督 デヴィッド・クローネンバーグ
出演 ジェームズ・スペイダー/ホリー・ハンター/デボラ・アンガー/イライアス・コティーズ

幻想がかきたてるエクスタシー 

 この映画には車で事故死した有名人とその車種が出てくる。ジェームズ・ディーンとポルシェ。カミユのヴェガ。ナサニエル・ウェスト(アメリカの作家、新婚の妻をのせ自動車事故で37歳没)のワゴン。グレース・ケリーのローバー。車・事故・衝撃・怪我・傷・五体不満足が本作のキーワードだ。自動車事故に性的快感を覚える秘密の集団「クラッシュ・マニアの会」があり、教祖がヴォーン(イライアス・コティーズ)だ。オープニング早々主人公ジェームズ(ジェームズ・スペイダー)は愛車ポルシェで事故を起こし入院、そこで知り合った女医ヘレン(ホリー・ハンター)に連れて行かれたところが「クラッシュ・マニアの会」だった。ジェームズは妻キャサリン(デボラ・アンガー)と倦怠期にある。どちらも情事にふけるが満足できない。ジェームズは半信半疑だったが次第にクラッシュ・マニアの興奮とエクスタシーに引き込まれていく。彼らは裂傷した体。折れ曲がった肉体の現場。血みどろの死体に欲情する。教祖ヴォーンは言う「君も徐々にわかるようになるよ。愛に満ちた精神病理学のあることが。自動車事故は破壊的でなく生産的できごとだ。性的エネルギーの解放なのだ。事故で強烈な死に方をした人間の性的エネルギーを感じ、自分自身もそれを経験すること。それがおれのテーマだ」何度聞かされてもまったく途方にくれるセリフだ。車の事故が生産的? そらつぎの車を買わんといかんからや、などと即物的現実的解釈をしている以上「愛に満ちた精神病理学」なる教祖の深遠な御託宣はわかりそうもない▼しかしマルセル・ブリヨンは「異常なるものの無限の王国」で異常なるものは「もろもろの関係によって作り出される幻想」だとし、それらの幻想は「形体を分解し、つぎに形なきものに構成しようとしたプランを知らなければ、まったく馬鹿げた行為だと嘲笑を買ったかもしれない」と書くのだ。口調が理屈っぽいだけで内容はごく当たり前のこと言っているのよね。クラッシュ・マニアたちは事故で損傷した形体をセックスという幻想で再構成しようとした、そのプラン(というか情念というか)を知れば、まったく彼らの行為や思想が馬鹿げたものと嘲笑するにはあたるまい、つまりクラッシュによって興奮する人物たちは幻想によって創造のプロセスを経てエクスタシーという新しい状況に達する…▼いや待って。ちょっとしつこいが(そうならざるをえないものがクローネンバーグの映画にはあります)ハンス・ベルメールを思い出そう。ジョルジュ・バタイユの「眼球譚」とか「マダム・エドワルダ」の表紙や挿画を手がけた、ベルリン工科大学出身という変わり種の画家であり人形作家でありデザイナーだ。彼のつくる人形は不気味な「異常なるもの」に満ちていた。ばらばら殺人のような手や足や「分解された形体」は、見る人の幻想という「形なきもの」をかきたて、その人だけに描けるイメージを完成させた▼こんな屁理屈をこねなければ「クラッシュ」は面白くないのか、といえば全然そんなことはありません。前述した教祖さまのセリフの難解さにあまりに呆然とし、つい引きずられてしまった。ラストシーンでジェームズがクラッシュして転落させた車から妻が半身を這い出させて草地に横たわっている。そこへかけよったジェームズが大丈夫かと尋ねる。妻は「平気よ、たぶん」とかすかな虫の息で言う。ふつうなら「救急車を呼ぶよ、しっかりしろ、がんばれ」とかいうでしょ。それをぐずぐずああだ、こうだといいながらどっちも興奮してきて手を伸ばしあい、からみあうのよ。下半身が車の下敷きになっていてなにするつもりよ。死にかけているときに幻想もヘチマもあるか、早く助けてやれ、そう思わないのでしょうか? いい加減にしろ。孤島のようなセックスだ。この映画はいったいどこがいいのか? 映像より物語(というほどの物語はないが)よりこれをあげます。音楽がいいです。クローネンバーグの盟友ハワード・ショアです。「ザ・フライ」「裸のランチ」「イースタン・プロミス」などクローネンバーグの代表作で組み最新作「危険なメソッド」でも。金属的で無機質でいながら、ひたひたと官能をゆざぶる危険な叙情があります。サスペンスの傑作にはこの人のサウンドが多いですよ。一例をあげれば「羊たちの沈黙」「ルーム・メイト」「硝子の塔」「セブン」「パニック・ルーム」。オープニングから監督と阿吽の呼吸で観客を引き込んでいく導入部はみごたえ・聴きごたえがあります。

Pocket
LINEで送る