女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

シネマ365日

2011年8月21日

ダーティーハリー (1971年) Dirty Harry (1971)

Pocket
LINEで送る

監督:ドン・シーゲル/Director: Don Siegel
出演 クリント・ イーストウッド/Starring: Clint Eastwood

自分のスタイルを 死ぬまで変えないやつ

 1970年代はクリント・イーストウッドにとって特別な年だったと過日この欄で書いたが、ハリウッドにとってもそういえた。1950年代からのテレビの普及、経営難のための映画会社の売却、郊外居住者の増加などで観客数は減少をたどり、70年代になってやっとハリウッドは巻き返しに出る。「ゴッド・ファーザー」(72)「燃えよドラゴン」(73)「ゴッドファーザー」(74)「タクシー・ドライバー」(75)、「スターウォーズ」(77)「地獄の黙示録」(79)と映画史に名を刻む名作、話題作を生産し観客を映画館に呼び戻した▼アウトローないしアンチヒーローが主人公、古典的ジャンル映画の解体、美男美女スターの不在、ポルノ解禁、暴力・死体の直接描写やホラーなど「タイム」誌が名づけた「ニューシネマ」の潮流が70年代の背骨にあった。一匹狼のハリー・キャラハンもまた、クリント・イーストウッドという肉体を得て大ヒットする▼テレビの真似できない映画路線をめざしたハリウッドは、絞り込んだ企画に勝負をかけ、ヒットすればシリーズ化し、コミックなどの既成のヒット商品をリメイクする戦略を取った。ダーティーハリーはシリーズ「5」まで作られた。ドル箱ではあったものの、さすがに「5」になると観客動員にも陰りが見え、額が後退しシワも目立ってきたハリー・キャラハンをスクリーンに映さねばならなかった。ダーティーハリーは作り過ぎたとクリントはあとでぼやいている▼フランシス・フォード・コッポラはもっとひどい目にあった。「ゴッド・ファーザー」とで彼は連続オスカー受賞という空前の栄光に輝いた。こんな大仕事をやればだれでもヘトヘトになる。燃え尽きたようなコッポラにまだ「ゴッド・ファーザー」を作らせ枯渇させてしまったのは無残としかいいようがない。ハリウッドの裏も表も知りぬいていたクリントだから泳ぎ抜けたともいえる▼クリントは81歳の今も元気で映画をつくっている。最新作はレオナルド・ディカプリオ主演で監督しているが、たいていファーストテイクでOKをだすクリントの撮影に、念入り型のレオが幾度もやり直しを注文するのに「いうとおりカメラを回してくれ、でもフィルムはいれなくていいよ」穏やかにそう言ったとか言わないとか。相手がだれでも時代がどうでも、自分のスタイルを死ぬまで変えるつもりはないらしい。

The guy who will never change his style

As I have recently mentioned in this column‚ the 1970s were a special time for Clint Eastwood‚ but it was also the same for Hollywood. The spread of television in the 1950s‚ the sale of film companies due to financial difficulties‚ the increase of suburbanites leading to a decrease in audience size; with the advent of the 1970s‚ finally Hollywood was making its comeback. The Godfather (1972)‚ Enter the Dragon (1973)‚ The Godfather Part II (1974)‚ Star Wars (1977)‚ Apocalypse Now (1979) - famous movies that carved their name in cinema history‚ and the production of topical films brought back people to the movie theatre.
Non-outlaw anti-hero protagonists‚ the dismantlement of classical genre films‚ the absence of beautiful men and women‚ the release of pornography‚ the direct portrayal of violence and dead bodies; coined by Times magazine as New Cinema‚ this trend was the backdrop of the 1970s. The lone wolf Harry Callahan gained the body of Clint Eastwood and became a big hit.
Hollywood aimed for a movie course that television could not imitate: they bet on narrowed-down projects‚ and should it prove a hit‚ was turned into a series‚ and they planned the remake of pre-established hit products‚ like comics. The Dirty Harry series was made into five. Although it was a cash cow‚ as one may expect by number five audience numbers began to decline‚ money fell back‚ and Harry Callahan‚ whose wrinkles were beginning to appear‚ had to be cast on the screen. Later‚ Clint Eastwood whined that Dirty Harry had been overdone.
Francis Ford Coppola met a worst fate. With The Godfather and Part II he shone in unprecedented two-straight Oscar wins. Anyone who did such big work would become exhausted. Burned out Coppola made Part III and the drying up of the series was nothing but horrible. It can be said that Clint was able to outlast because he knew Hollywood inside-out.
At 81 years old Clint Eastwood is still going strong making movies. His most recent film that he is directing stars Leonardo DiCaprio. Clint usually gives the OK on first takes in his filming‚ though careful Leo frequently requests to re-do the scene‚ Clint calmly says‚ "Let the camera roll‚ but don’t bother putting any film in." It doesn’t matter who or what era it is‚ people don’t ever intend to change their style.

Pocket
LINEで送る