女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年7月15日

お母さん、水の事故にご注意を

Pocket
LINEで送る

高槻市 危機管理室

水路・ため池・川
身近な水辺で気を付けたいこととは?

 夏。暑い季節になりました。
 この時季に気を付けたいのが、水の事故。海のレジャーでも注意が必要ですが、もっと身近な水辺――近所にある水路やため池、川でも事故は発生します。
 高槻市危機管理室の主幹・船本松雄さんと主任・西口務さんによれば「(夏は)とくにお子さんの水の事故が多くなる恐れがあります。例えば水路ですと、中に入って遊ぶお子さんはいませんが、ザリガニ釣りや小魚を獲ったりするお子さんはいます。そういった時、熱中し過ぎて水路に入ってしまったり、誤って落下してしまうこともあります」。また、ため池でも魚釣りをしていて落ちてしまう危険性が。
 「ため池は、表面は温くても中は冷たいので、そのまま溺れてしまうこともあります。(高槻市の)ため池では原則、釣りを禁止していますが、大人の方が釣りをしている姿を見て真似をしてしまうお子さんもいるようです。まずは、大人からマナーを守って、お手本になって頂きたいですね」。では、川ではどういった場所が危険なのでしょう。
 「川で遊ぶこと自体は、身近な自然環境と接する意味で良いことですが、流れが緩やかなように見えても実際には一様ではありません。とくに深いところでは複雑になっていますから、深みにはまると危険です。また、対岸へ渡るのに段差・落差のあるところを歩いていてコケに足を取られ滑り(深いところに)はまってしまうこともあります。それに、川は急に増水することもあります」。 …続く
場所によっては釣りができる場合もありますが、なるべく親御さんが同伴する、ひとりでは行かせない、危ない場所やため池のなかに入らないよう注意しておくなど、事故予防を


この記事の続き
水路・ため池・川…身近な水辺で気を付けたいこととは?

Pocket
LINEで送る