女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

イベントガイド

2013年7月16日

市場と地域に活気を! 池田中央市場 夏祭 7月27日(土)開催

Pocket
LINEで送る

協同組合 池田中央市場

今年も阪大落研が参戦! 市場に暑い夏がやってくる!

 昭和32年に設立した池田中央市場(大阪府池田市室町)。設立当時は冷房や水洗トイレといった最新設備が完備され、入り口には小便小僧が設置されるなどオシャレでハイカラな市場として誕生。その後、池田市の人口増加や経済の発展とともに栄えてきた同市場ですが、近年は店舗も減り、以前の活気がなくなってきていました。
 そこで同市場では7年前から夏祭を開催。多くの人で賑わっています。協同組合 池田中央市場の理事長で、肉のマル福・代表の福永浩一さんによれば「それまで、地域と密着したイベントなどを開催していなかったんです。そこで、地域の人も店主たちも一緒に楽しめる夏祭をやろうと考えました」。
 開催は、各店が終わった夕方18時から。同市場の駐車場で行われます。屋台では、肉のマル福や鳥周など同市場の人気店が自慢の一品を提供するほか、大阪大学(以下・阪大)の落語研究会(以下・落研)も参加して、市場主婦連とともに焼きそばを焼き、独自で綿菓子も販売します。
 「阪大落研の皆さんとは昨年から一緒にやっています。店舗の空いているところで落語会をやらせてほしいと声をかけて頂き、開催したところ盛況でしたので、昨年からお祭りも手伝ってもらっています」。

 若い学生たちが参加し、ますます活気が出て盛り上がっている夏祭。落研ということもあり、会場には落語に欠かせないお囃子も響きます。「祭りをやっている、という雰囲気が出て好評ですね。なかには、お囃子の音につられて来場される方もいらっしゃいますよ」。
 参加したお子さんには「お菓子つかみどり」がもれなくついてくる「子どもちゃんばら合戦」や、市場ならではの新鮮でウマい景品が楽しみな「市場deビンゴ」なども行われ、夏の夜を熱くしてくれそうな池田中央市場の夏祭。いつも市場を使っている方はもちろん、普段は素通りしてしまう方も、これを機に市場の良さを感じてみてはいかがでしょうか。
 「とくに、小さいお子さんと親御さんの来場者が多いです。(店主などの)顔見知りや大学生の若いお兄ちゃん・お姉ちゃんたちがいますから、安心ですし親しみやすいんだと思います。子どもさんが楽しめるお祭りですから、ぜひ、ご家族でいらして下さい」。

Pocket
LINEで送る