女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年7月21日

ホテル業界初の試み? 妖怪メニューでGeGeGeを盛り上げる!

Pocket
LINEで送る

ホテル大阪ベイタワー
51階 スカイラウンジ「エアシップ」

『GeGeGe 水木しげるの妖怪楽園』開催記念
妖怪にちなんだ10品で会話も弾む

 地域と連動した企画で地元を盛り上げているホテル大阪ベイタワー(大阪市港区)。昨年、同じ港区内で『エジプト考古学博物館所蔵 ツタンカーメン展』が行われた際には ピラミッド形のケーキ を販売するなど、ホテル品質の味わいはそのままに、アイディアとユーモアたっぷりのメニューで私たちを楽しませてくれています。
 そんなホテル大阪ベイタワーの51階にあるスカイラウンジ「エアシップ」では、『 GeGeGe水木しげるの妖怪楽園 』が大阪文化館・天保山(海遊館となり)で開催されているのを記念し、人気のランチバイキングに「楽しい妖怪バイキングメニュー」がドッキング。
 「私どもの近くで開催されておりますから、協力させて頂ければと考えました。今まで、お化けのメニューというのは聞いたことがありますが、妖怪のメニューというのはホテル業界で初かもしれません(笑)」(同ホテルマーケティング室長・秋田保さん)。水木プロダクションにも了解をとっており、まさにお墨付きの妖怪メニュー。その内容は?
 「油揚げを切り、広げて尾をイメージした『九尾のきつねうどん』や、一見、ホタテを使っているように見せかけて豆腐などを使用した『見た目で化かされるフライ各種』、お餅に目玉を描いた『目玉ぜんざい』など、料理長がウィットに富んだメニューを作り上げました」。 …続く

この記事の続き
妖怪にちなんだ10品で会話も弾む

Pocket
LINEで送る