女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

2013年7月22日

はにたんが、まちを走るよっ♪ 高槻市オリジナルナンバープレート

Pocket
LINEで送る

高槻市 税制課

市民の投票でデザイン決定
8月末より交付開始

 全国の自治体で積極的に行われている、原付(50cc以下)のご当地ナンバープレート。大阪府内でも 枚方市 などで登場していますが、高槻市でも8月末より、オリジナルのナンバープレートを交付します。担当の同市税制課・段野麻実さんと児島美穂さんによると「市制70周年記念事業の一環として行います。(交付)枚数は5000枚です」。
 デザインは、市の広報課職員が制作した3つの候補から、市民による投票で選ばれた『はにたん まち歩き』に決定。高槻市のマスコットキャラクターで、ゆるキャラとしても人気の「はにたん」と、都会と自然が融合した高槻市の街並みが描かれています。
 「投票の結果、『はにたん まち歩き』は(総投票数2032票のうち)833票を獲得しました。(投票は)30代の投票率が高く、『はにたん まち歩き』は女性からの支持が高かったですね」。

 アンケートによると、同デザインを選んだ理由としてもっとも多かったのは『カワイイ!』。確かに、はにたんのかわいらしさはもちろんのこと、青と緑の色合いも優しく、明るいイメージ。他のデザインも2位が624票、3位が575票と健闘しましたが、「投票期間中、投票箱を設置していた市の施設で聞いてみたのですが、『はにたん まち歩き』の人気が高かったですね」と、序盤からリードしていた模様。そのため、デザインが決まった頃から、市民の問い合わせが相次ぎました。
 「今回、初めてオリジナルナンバープレートを制作しますので、プレートの納品される時期が読めなかったんです。そのため、決して狙っていたわけではないのですが、交付時期などの情報が小出しになってしまい、市民の方々から『いつからもらえますか? どうしたらもらえますか?』といったお声を頂戴致しました」。
 電話での問い合わせだけではなく、はにたんのフェイスブックなどにも『交付時期を知りたい!』といった書き込みがされたそうです。「なかには『予約が必要ですか?』と質問される方もいらっしゃいます。ただ、(同課で)登録する(原付の)台数が年間約5000台ですから、それほど急がなくても大丈夫だと思います。余裕をもって、お越しください」。
 なお、今回のオリジナルナンバープレート、新規登録はもちろん、今のプレートとの変更も可能。また、通常のナンバープレートも選ぶことができます。その他、交付条件など詳しい内容は下記問い合わせ先で確認を。
 「かわいさにこだわって制作しましたし、高槻の街並みとはにたんを描くことで『昔ながらの文化を考えつつ将来を見据えたい』といった思いを反映させています。そういった思いを感じて頂きながら、可愛がってほしいと思います」。

Pocket
LINEで送る