女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年7月24日

今年もやります! 第2回「泉大津市オリアム随筆賞」

Pocket
LINEで送る

泉大津市 地域経済課

最優秀賞には賞金50万円
衣服や繊維製品にまつわるエッセイ募集中

 昨年、創設された「泉大津市オリアム随筆(エッセイ)賞」(主催・泉大津市、後援・泉大津商工会議所)。『衣服や繊維製品にまつわる思い出や感動したことなど、“繊維製品”に触れる内容』をテーマに、2回目の今年も有栖川有栖氏・木津川計氏・難波利三氏・眉村卓氏といった文学界の著名人を選考委員に迎え、開催されます。
 前回の応募総数は423件。国内外から作品が集まりました。担当の泉大津市地域経済課・船岡未知代さんによれば「(第1回『泉大津市オリアム随筆賞』表彰式後に行われた)文学フォーラムには150名の方々にお集まり頂き、アンケートでは『次回は自分も書きたい!』といった回答もございました。選考委員の先生方からも『優秀な作品が多かった。続けていけたらよいですね』といったお声も頂戴しております」。大阪府内では、自治体が主催する文学賞・文芸賞が他になく、そういった意味でも残していければ、といった声もあったそうです。

 「女性の方は特にそうだと思いますが、衣服や繊維製品には何か思い出があると思います。ご自身の言葉で、(読み手が)共感できる面白い作品をたくさん応募頂ければと思いますし(同事業を通じて)『繊維のまち・泉大津』のPRになれば、嬉しいですね」。あなたの思い出を、作品にしてみてはいかがでしょうか。
 なお、賞金は最優秀賞(オリアム随筆賞・1点)が50万円。以下、優秀賞(2点)5万円、佳作(3点)3万円。それぞれの作品応募者には賞状が贈られ、最優秀賞・優秀賞の作品は雑誌「上方芸能」に掲載される予定。
 応募期間は9月30日(月)まで。応募資格に条件はなく1、応募点数は1人2点まで。作品は応募者オリジナルの未発表作品に限り、日本語で書かれたもの(他の賞などへ二重投稿された作品は不可)。400字詰め原稿用紙(A4)5枚2で、4枚以下は不可。
 応募方法や入選作品発表方法など、詳しい内容は下記問い合わせ先まで。
1 最優秀賞(オリアム随筆賞)受賞者を除く
2 パソコンの場合、ワードの原稿用紙設定を20字×20行、文字の大きさは12ポイント程度、用紙の上下余白と左余白はそれぞれ3cm程度、右余白は4cm程度、右綴じ、縦書きでA4横判。

Pocket
LINEで送る