女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

アニマルハート

2013年7月24日

夏を乗り越えろ! 天王寺動物園で ホッキョクグマにリンゴ入り氷柱プレゼント!

Pocket
LINEで送る

天王寺動物園

大好物が入った氷をガリガリ・ペロペロ

 大暑の日イベントとして、7月23日(火)、天王寺動物園のホッキョクグマ「ゴーゴ」と「バフィン」にリンゴ入りの氷柱がプレゼントされました。夏の恒例となったこの催し、ゴーゴの寄贈主である株式会社蓬莱より「暑い夏を乗り越えてほしい」という思いを込めて毎年贈られるもの。「ある時~!ない時~」のCMで有名な田中常務からの挨拶では「毎日暑くてゴーゴもばててくる季節です。何とか暑さを乗り越えてほしい!という思いで毎年氷柱をプレゼントしています。ゴーゴは天王寺動物園で皆様にかわいがってもらって大きく成長しました。一人前の男になってくれたから、次は立派なお父さんになってくれよ!」とメッセージが送られました。
 大好きなリンゴがいっぱい入った氷柱が2つセットされ、田中常務の「ゴーゴー!」という呼び声で出てきたゴーゴは、ガリガリと勢いよくかぶりつきました。

たくましく成長したゴーゴの大胆なパフォ-マンスに歓声!

 なかなか割れない氷を、転がしたりかみ砕いたり…リンゴを取り出す為たくさんのパフォ-マンスを披露してくれたゴーゴ。プールに落ちた氷柱を両手で持ち上げて投げつけるという荒技には飼育担当者の下村さんもビックリ!
 この日の午後には、おやつタイムとしてメスのバフィンにも同じ氷柱が贈られました。氷にほおずりしたり、くわえた氷で遊んだりとゴーゴとはまた違う愛らしい仕草を見せてくれ、来園者たちを和ませていました。
 今年3月には交尾が確認され、バフィンが妊娠している可能性があるので、ただ今別居中の2頭は午前にバフィン、午後にゴーゴと順に展示場へ出ています。昨年は国内の動物園で3頭のホッキョクグマが生まれるというベビーブーム。ゴーゴとバフィンの間にも赤ちゃんが誕生するのかどうか、期待の仲良しカップルです。

Pocket
LINEで送る