女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年7月26日

マチカネくんのオリジナルソング&体操ができたワニ!

Pocket
LINEで送る

豊中市都市活力創造室

優しく、可愛く、親しみやすい「ワニ」
マチカネくんと一緒に体操しよう!

 ゆるキャラブームということもあり、多くの自治体や市民団体などでキャラクターを制作していますが、豊中市のキャラクター「マチカネくん」は、誕生して27年。四半世紀以上、豊中市で愛されてきました。
 市の担当者で政策企画部都市活力創造室の室長補佐・津田徹人さんと職員の笹久保智尋さんによると「市制50周年の際、記念事業の一環として制作されました。その後も、マンホールのフタのデザインとして描かれるなど、市内では使用しておりましたが、平成23年、市制75周年を迎え、市のキャラクターとして再登場し、大々的に復活致しました」。
 そのマチカネくんにとって初となるオリジナルソング『とよなか大好き!!マチカネくん』と、曲に合わせて体を動かせる『マチカネくん体操』が、今年の3月に完成しました。「今まで、マチカネくんにはテーマソングがなかったので、作ろうと考えました。作詞はマチカネくん自身です」。作曲は市内にある大阪音大短期大学卒業生で作曲家の志田卓磨氏が担当。歌っているのは、人気ボーカロイド・初音ミクで、キバやしっぽといったマチカネくんのチャームポイント、大阪国際空港の飛行機や高校野球発祥の地といった豊中の魅力を盛り込み、軽快なリズムで親しみやすいメロディーが特徴です。

 一方の体操も「子どもからお年寄りまでできるよう、簡単な動きにしました。お尻を叩いたり、投げキッスをしたりと、子どもたちが無理なく、楽しくできる体操ができました」。
 既に子どもたちを中心に人気のようで「イベントなどの際には、驚くくらい多くの子どもたちが踊ってくれるようになりました。それに、大人の方でもしっかり行うと、うっすら汗をかけます(笑)。全身を使いますから軽い運動に最適で、ストレッチ代わりやエクササイズに活用頂ければと思います」。
 市民からは『曲はどこで聴けるの?』『体操はどこで見られるの?』といった問い合わせもあるそうで「市のホームページにあります『マチカネくんワールド』でご覧頂けますし、子育て支援センター『ほっぺ』などで行われるイベントでも(体操を)行っています。市内の保育所や幼稚園などにCD・DVDを配布しましたので、マチカネくん自身も徐々に巡回しながら、普及していければと考えています」。
 マチカネくんのモデルとなったのは、豊中市の待兼山町にある大阪大学豊中キャンパスで発見された約45万年前のマチカネワニの化石。でも、その風貌は決して恐くありません。「マチカネくんを通じて、豊中市の良さを多くの方に伝えたいと考えています。優しくて、可愛くて、親しみやすいワニなので、イベントなどで見かけたら、ぜひ声をかけて下さい!」。

Pocket
LINEで送る