女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

グルメ

2013年8月7日

『食の職人』の卵たち、日々奮闘中!

Pocket
LINEで送る

大阪府立園芸高校 食品製造研究部
新・キャンパス訪問

ものづくりの『喜び』『難しさ』『奥深さ』を知り 仲間とともに成長する

 一口頬張ると、サクサクと心地よい食感。あっさりしていながら程良い甘さ。形も星形で可愛らしい。7月始め、七夕にあわせて大阪府立園芸高校の食品製造研究部が学校内で販売したクッキーは、プロ顔負けの出来栄え。
 「毎年、『園芸高校味噌』を製造しているのですが、その過程でできる米麹から塩麹を作り、クッキーを作る際に使用しました。皆さんの願いが叶えられるよう、1袋に7つ入れ、ラッキーセブンにしてみました」(同校バイオサイエンス科2年生・下嶋さん)。
 食品製造研究部は、同校開校初期から活動している歴史あるクラブ。現在の顧問であるバイオサイエンス科教諭・澤田結香さんは「あきらめず、1つのことをやり遂げる、継続する力、(作業を)どうやったら楽しめるか考え、工夫する力をつけてもらえたらと思っています。10年先、社会に出たときのことを考えて、指導しています」。では、具体的にどういった活動をしているのでしょう?
 「月に1、2回、技術向上のために(和菓子・洋菓子・食品加工品などの)製造をしています。また、商品開発も随時行っています」(バイオサイエンス科2年生・梅川さん)。毎年、地域の人たちが楽しみに待っている同校伝統の「園芸高校味噌」製造も、その一環。他にも、地元のパン屋さんと共同し地域に密着した菓子パンを作ったり、学校のイベントに合わせて加工品を製造しています。 …続く

この記事の続き
ものづくりの『喜び』『難しさ』『奥深さ』を知り 仲間とともに成長する

Pocket
LINEで送る