女を楽しくするニュースサイト「ウーマンライフ WEB 版」

  • facebook
  • twitter
  • line
  • rss

トピックス

2013年8月10日

河内長野のテーマパークで 学ぼう!遊ぼう!楽しもう!

Pocket
LINEで送る

河内長野ミュージパークネット

官民問わず計13施設が連携
うれしい特典付きクーポンも

 博物館や植物園、郷土資料館、音楽ホールなどの生涯学習施設は、身近なテーマパーク。覗いてみると、知らなかった地元の知識を得られ、意外と楽しい体験学習に参加でき、美しい自然や造形物に触れられるなど、思いもしなかった楽しい新発見があるものです。
 そういった施設間で連携を図り、市民に対し生涯学習の機会を広めようと、河内長野市では5年前から『河内長野ミュージパークネット』と銘打ち、事業を展開しています。
 河内長野市立文化会館ラブリーホールの館長で同団体の会長でもある萬木(まんき)久克さんによると「現在、官民合わせて市内13か所の生涯学習施設が参加しています。(同事業を行うまでは)それぞれの施設でバラバラにイベントを開催していましたから、同じような内容の催しが重複しているなどの事例もありました。(同事業を始めたことで)連携し整理することができ、力を合わせてイベントを行ったり、各施設がお互いに切磋琢磨して『うちはこんなことをしてみよう!』と良い意味で刺激を受けたりしています。こういった取り組みを行政が主体となって行っているのは、全国的にも珍しいと思います」。連携したことで、市民にもメリットが。

 「例えば、郷土の文化や特産物、歴史を学べる施設をセットで回り、地元の歴史探訪を楽しむグループが増えています。各施設が情報を共有し、他の施設で開催されている催しなどをPRするようになり、市民の方も(今まで以上に)情報を得ているようです」。
 また、同事業では毎年、各施設を紹介するチラシを制作。体験学習の内容や施設の見どころなどがわかりやすく書かれているほか、プレゼントなどの特典付きクーポンもあり、利用者からは『いろいろな体験ができて面白い』『クーポン使ってます!』といった声が寄せられています。
 「今年度はお子さんたちに関心を持って頂こうと考え、チラシをミステリー調に致しました(左写真)。新たな企画を行っている施設や、夏でも涼しいクールスポットなどもありますから、(子どもだけではなく)若い方も河内長野で1日楽しんで頂けると思います」。夏休み、新たな知識を楽しく学んで、生涯学習の面白さを体感してみてはいかが?
 なお、参加施設などは下記問い合わせ先、またはホームページを参照のこと。

Pocket
LINEで送る